なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン 中(1.5玉) +ネギ(サービス券)」@豚骨醤油ラーメン まじめ家の写真9月某日、夜、本日は松本のオフィスでの終日に亘る新商品研修会を終えて帰宅の途中、ヨメと娘2号は松本で映画を観に行くと言うので夕ラーを取っていく事に。突撃したのはこちらの店。

安曇野農免ラーメンロードにある横浜家系インスパのラーメンがウリの店。横浜家系と言えば先日も「信州五十六家 広丘店」で美味い一杯を食ったのだが、こちらも独自のテイストの家系を提供している私的お気に入り店である。

18:50着、先客1名、券売機にてここは私的基本の“ラーメン 中(1.5玉)”(850円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客無し。食券を渡す時に「FREE BOOK」のサービス券で「ネギ」をトッピする。

こちら「信州麺友会」の一員にして、「のんべえ食堂 天火」のグループ店。家系インスパながらも醤油ダレには松本・丸正醸造の「甘露醤油」を使っての独特なコクのあるテイストが光る。またトッピングのボリュームもあるが何気にイイのである。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ホウレンソウ、ノリ3枚、刻みネギ、そして増量なったネギが、チー油の浮く豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。適度なチー油が垂らされたスープは結構アツアツ。豚のクサミを抑えながらも炊き出し感のある濃厚な豚骨の旨味とコクが十分に味わえる。このテイストが「豚野郎」には堪らなくイイのだ。合わせられた醤油のカエシは例によってややショッパーながらも、甘露醤油の独特の甘味とコクと旨味の重なった醤油感が実にイイのである。この甘露醤油独特のテイストを持つ家系豚骨醤油のスープがクセになるのだ。実に美味い濃厚豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった中太麺。茹で加減やや硬めが良く、モッチモッチとした食感が実にイイ。小麦の香りもうっすらと味わえる。濃厚な家系スープとの絡み良好。実に美味い麺である。私的にはこの1.5玉の「中」の麺量が丁度イイ。

具のチャーシューは豚モモ肉チャーシュー。薄醤油ダレの味付けで燻製の様な香ばしい風味があり、柔らかな弾力のあるモモ肉の旨味を味わえる。ホウレンソウは歯応えを残す茹で加減が良く、シャクシャクとした歯応えが良くて美味い。ノリは張りがあり、家系らしい濃厚な磯風味があって美味い。デフォの刻みネギに加え、トッピングのネギの量がたっぷりあり、ネギの薬味感が炸裂している。一般的に薬味感の少ない家系に反して、ネギ好きには堪らん薬味感が炸裂する。

スープ完飲。ヨメと娘2号がいないので夜ラーに突撃したこちらの店での「ラーメン」。それは横浜家系インスパながらも、醤油のカエシに松本・丸正醸造の「甘露醤油」を使っての独特な甘味のあるコクと旨味が炸裂したテイストが私の好みにピタリとハマり、いつもながらに満足至極。今回トッピングした「ネギ」の量もあり、実に美味かった。私的には松本平における家系ラーメンとしては「信州五十六家 広丘店」と共に好みの一杯である、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件

コメント

まだコメントがありません。