会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「烈火担々麺、大盛、サービスライス」@四川麺条 香氣 千歳烏山店の写真平日1155分 前客3名 後客5名

学芸大学から始まり今ではこの千歳烏山店も含め5店舗と拡大している香氣さん。オープン当初は中華料理店が多い千歳烏山は戦い厳しいかと思っていたが、11:00~翌4:00と長時間営業はランチから飲んだ締めまでありがたいし、何より山椒やスパイスの本格派とバランスの良さで完全にお店の特徴が根付いてる。そんな2013年のオープン時からぶりの訪問だったけど、その時の印象は忘れてない。しっかり辛い痺れも半端ない、病みつき系の美味さだった。オーダーは最上の激辛である

烈火担々麺(840円)麺大盛(100円)、&サービスライスを。ライスはおかわりもオーケーが何とも嬉しい。

店内には様々な辛味スパイスが入った瓶が並べられている。その中で卓上には花椒と青山椒が置かれ、お好みでゴリゴリとミル引き。自分は辛いもの大好きなので本場中国のそれらを自由にアレンジできるのはありがたい。

しばし待ってのご対麺。赤いなあ~~煌々と深みある赤が燃えている。容赦なくどかん!と来る。…辛らっっ!!…シビっっ!!からの担々スープの塩気にコク。少しマイルドな部分もあるのだけれど、シビがひきずってくるから結局は辛い。なので白飯を箸休めにといってもスーっとした舌に残る山椒の風味で、白飯といえど全然箸休めにはならない。要はちゃんと辛くてちゃんと痺れる美味いやつ。
中太ちぢれ麺はまったりとした小麦の香りがたっていて、麺だけで豊かな味わい。ちぢれ具合でがっしり捕まえてくるけど、スープの強さをカバーしつつまとめてくれている感あり麺を食べてるときには辛シビは遠退く。でも油断して激しく吸い上げると、お約束の喉奥にビタっと辛味が張り付いてむせるファイア~~。気を付けないと口の中の麺をぶちまけてしまいそうになるぞ。。。

もしオーダーしたらこれ以上辛いパターンて作ってもらえるのだろうか?中盤からはその刺激もなれてきてしまうので、卓上の花椒投入もありだけど、そうすると塩気につよく反応してしまうようになるから口当たりバランス崩れる。なんて思うのはもはや辛味変態野郎だな…。おとなりさんは塩ラーメンだった。なぜここで塩?と思ったのだけど、その塩ラーメンに花椒をゴリゴリして味わってる。うーん玄人…。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんは~。
この蒸し暑さの中(ワタクシ、いま千葉にいます)、辛いの行きましたか。
ワタシも辛いのは好きなんですが、暑い日は避けちゃいます(^_^;)

あたと_13号 | 2019年9月11日 22:59