なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「つけ麺 (大) + 味玉」@麺屋 中川會の写真 仕事が忙しく、運動不足の今日この頃。土曜(23日)は朝から雨まじりの強風でしたが……傘を片手にウォーキングを強行。
 目指したのは、最近オープンした住吉の「中川會」。地名と合わせて、なんとなくイカツイ響きのあるネーミングですが……しかし現地につくと、スナックを居抜いたようなレンガ造りの外装。看板類や垂れ幕、ポスターに至るまで、すべて手書きですが……なんとも下手な書き文字で、学祭の模擬店のような手作り感があります。注文は、「つけ麺 (並)」(750円)に「味玉」(100円)をつけて。少し手違いがあったようで、約15分後に「つけ麺 (大)」が出てきました。麺量を間違えたのでサービスなんだそうです。
 では、つけ汁を一口……うん、イイ線狙ってます。ザックリと分類すれば、海苔舟で有名な超有名店のインスパイヤ系なんでしょうが、この店なりに進化させたバランス。能書きによると、「豚や鶏、魚や野菜、フルーツ」などを使っているそうですが、鶏を強めて動物系のクドさを抑え優しい風味、サバ節に頼り過ぎない節系のバランスで、クッキリとした味の輪郭線を引き立たせています。おそらくリンゴ由来の透き通るような甘さや酸味が爽やかで、濃厚なのにモタつきもなし。全体として、「一体感」の強い味わいが印象的ですが、後半になって黒胡椒の辛さが効いてきて、食べ飽きにも配慮しているようです。
 麺は浅草開化楼製で、屈曲した太麺ストレート、店内には小麦粉「傾奇者」の袋が貼ってありました。少し褐色がかった麺肌、一口いただきますと……おぉ~、コレは美味い。「傾奇者」を使った麺は、重厚な甘みはよしとして、風味に少しクセがあるもんですが……この麺にはほとんど感じられず、ふくよかな味。このままでもスイスイいけちゃいます。
 コイツをつけ汁につけ、ズバァ~~ッとイキますと……自己完結型のつけ汁に、自己完結型の麺、その相性を少し危惧しましたが、全くの「杞憂」。つけ汁の甘み・酸味をきっかけに、両者がガッチリと噛み合って、味の完成度は非常に高い。具材は、チャーシューにメンマ、海苔・ネギに追加の味玉。チャーシューは、バラ肉の厚切りでジューシーなものですが、ラーメン用のカットのままつけ汁に入れているようで、この辺ちょっと工夫不足。メンマ・味玉もやや平凡ですな……
 ―――豚骨魚介系の中でも、もっとも類似例が多い方向性を敢えて選び、独自のバランスでさらに「フロンティア」を切り開こうという意欲作。具材にやや隙がありますが、スープ・麺の完成度は極めて高い。ただし、つけ汁の終始一貫した「一体感」が、後半やや「飽き」を生みますが……ご夫婦で店を切り盛りされているようで、奥さんがドアを開けてお見送り。お客さん一人一人に感想・意見を熱心に聞いておられます。私からのアドバイスは、シンプルな辛味を加えたメニューを作るか、卓上に用意すること。甘・酸に加えて、辛味でさらにつけ汁・麺の噛み合いを強めれば、最後まで「全力疾走」可能でしょう。

#もう一つ奥さんにアドバイス。並盛を頼んだ客に大盛りを出すのは、サービスのつもりでもサービスにならないこともある。希望を聞いてからにしましょうね。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。
なかなか旨そうなつけ麺ですね。
この近辺は買いもので良く出没しますので、
今度行ってみます。

サンシャインカメピー | 2011年4月30日 11:35

どうもです
GW真っ只中ですが職場から拝見させていただいております
 
 >お客さん一人一人に感想・意見を熱心に聞いておられます

これは良いですね 実際にその場で食べた後のリアルな感想は大事だと思います。
ラーメンに対する店側の熱意がお客さんにも伝わり好印象ですね
ただ、店主を目の前に問題点を指摘し酷評ができる人間は、なかなか少ないのではないかと^^;
(そういった点においては、リアルよりネットの方が信憑性は高いかもしれません)
 
 >並盛を頼んだ客に大盛りを出すのは、サービスのつもりでもサービスにならないこともある

ハイ、なってませんねw 大盛りでも400グラムと少な目でまだ助かった方だと思いますが
milesさんのプロフのラーメン・ダイエットの自己ルール

「★ 汝、大盛り・替玉するなかれ(つけ麺なら並盛指定か麺少なめ)」

あちゃ~ 翌日ラーメン抜かれたんでしょうか?(笑)
今回は「事故」ルールって事でノーカウントでもいいような気もしますけどね~^^;
でわまたです

はぐれメタボ | 2011年4月30日 12:45