なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン大盛」@支那ラーメン 桂山の写真モヤンです。4連続アップ失礼いたします。

事件です。


昨日夕方にRDBを開くと、桂山がトップに。
ターチャンさんのクス笑いを誘うレビューだ。

桂山など、凡人モヤンめが行けるはずもなかった。

いいなー。いいなー。桂山。

そんな時、事件が。

「ピロロロ…ピロロロ…」

友人から電話だった。

「どうせヒマズラー!?飲みいこうよ」

こいつの決まり文句『どうせヒマズラ』

まぁ、どうせヒマなんだが、イラッとする。

このときモヤンの頭上に電球マークが。

モ「いいけど、その前に少し寄り道しない?お前の運転で、お前の車で~。」

友「あぁいいよ。どこいくの?」

モ「上野原。」

友「はぁ?」

モ「伝説のラーメン屋があるんだよ」

しばしこの後口論が続いて、最後にはモヤンが勝ったのだ。

友人は「桂山」を知らないらしい。
なんて輩だ。

友人を迎えに来させ、17時頃甲府昭和ICに。

道中ラーメンについて熱く語り合った。
というか一人で語ってた。
開通したばかりの笹子トンネルを恐る恐る通る。
天井がむき出しになっていて、ひび割れをセメントで修復したような跡が無数にある。

本当に大丈夫だろうかと、不安になる。

トンネルを無事抜け、暫くひた走ると上り線恒例の渋滞に巻き込まれた。

閉店までに間に合うだろうかと大袈裟な不安を抱え、暫くすると上野原ICを降りた。

道がわかりずらいとの情報だったが、店への入り口が若干分かりづらい程度で難なく到着。

18時40分頃着。家を出て約二時間。
友人もブーブー言っている。

憧れの桂山。
来てしまった。ターチャンさんありがとう。

店の前の、駐車場とは言えない狭い駐車場。
店の裏手にも駐車場があったのだが、そこに入る曲がり角の狭いこと。

そしてお店の小ささに驚いた。予想よりも小さいプレハブ小屋だ。

店内入ると先客2名。
静かな店内、緊張がはしる。
山岡家に匹敵するかもしれない動物臭が鼻を突く。
不思議なことに暫くすると気にならなくなってきた。

入口から 見て丁度「 L 」の形にカウンターが9席。

テーブルはない。

水はセルフで、ボタンを押すと水圧の強い水が出る給水機が入口にある。

メニューはシンプルで、キッチン側の壁に大きく

ラーメン
ワンタンメン
チャーシューメン
チャーシューワンタンメン
辛味

大盛 特大

とあった。
シンプルなメニューは期待を高める。

モヤンも友人も「ワンタンメン大盛」をオーダー。
この時、ついでに店主さんに
「遠方から来たので、記念にラーメン写真撮っていいですか!?」
と、お聞きすると、何とも気持ちのいい笑顔で
「いいですよ。」
と、言っていただいた。


静かな店内。モヤンも友人も空気を読まないので、パチンコについて激論する。
勿論ボリュームは控えめだ。

疑似連について語っていた所で着丼。

「店内の撮影ご遠慮ください」の表示をバックに心おきなくパチリ。

片道900円。二時間。
帰りは一時間だったか。
笑えた。

そんなもの一瞬で吹き飛んだ。

上野原まで来させていまいちだったらどうしよう。なんて自分に腹が立った。

ワンタンメンで正解。
衝撃を受けた。
餡がたっぷり、しっかり味も付いている。
皮は突出したものはないが、中の餡がたまらない。
生姜、ニンニク、いろいろな下味を付ける事でトッピングの枠を通り越して主役になっていたと言っても過言ではないだろう。
噛めば噛むほどジワッと旨味が口に広がってくる。
メニューに上から貼り紙で一品消されていたが、ここには「ワンタン皿」があったのだろうか。
再開して欲しいものだ。
出来ればお持ち帰りワンタンもラインナップに加えて欲しい。

自分の中のワンタンの概念を覆させられた。
ワンタン、ダブルにすればよかったかな…。

ラーメンの印象については 去年の12月9日の
我が師匠「KJ7」様のレビューを参照してください。
びっくりするくらい同じ感想です。
流石の分析力です。

弟子入りしてよかった(笑)
このラーメンは麺が固めじゃないほうが合うという所も同意見です。

思い起こせば師匠の「麺や 純」のレビューを見てから「この人、タダモンじゃねー!」
と思い弟子入りを一方的にしたわけですが、
うどんのレビューもハンパない分析力というか、あ、失礼しました。師匠の話になっちゃいましたね(笑)

「桂山」何故に上野原にあるんでしょうか。

実家との事ですけど、もったいない。
しかしながら、上野原にまできて食べる

「わざわざ感」

大有りですね。

おかめにしても桂山にしても、レベル高すぎて笑っちゃうな。

帰り際、街灯もほとんど無い暗い中に、オレンジ色の「支那そば」の看板。

この雰囲気大好きです。

小旅行に来たような気持ちで甲府に帰路しました。

わざわざ上野原まで、また来ます。


追伸。
皆様のレビューにあった「柚子」
モヤンの時はなかったです。
実は柑橘系も苦手なので、そこは我慢かなって思いながら挑んだのですが、探したけどありませんでした。
まぁ、結果的に嬉しかった訳ですが(笑)

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

怒涛のレビュー4連発!そのパワーに頭が下がります。
しかも、桂山!! 先を越された〜( ̄O ̄;)
いつかは行きたいと思っていますが、なかなか…。
モヤンさんのレビューで、行きたい気持ちが一層強くなりました。

LuckyStar7 | 2013年2月11日 20:51

Lucky様こんばんは♪
4連発失礼致しました(笑)
コチラ「桂山」さん。
山梨のレビュアーなら押さえておかないといけないお店かと。
衝撃ですよ、マジで。
山梨には類を見ないインパクト特大なラーメンだと思います。

モヤン | 2013年2月11日 23:50

とうとう行かれましたか。
近くにあれば常連間違いなしですが、なかなか行けないからこそ、その価値があるのかなと。そしてやはりワンタンには具が入ってないと(笑)

バティ | 2013年2月12日 12:38

こんばんは。
ここまで来れば美味しくないとは言い難い雰囲気になりますね(笑)
昨日まで高速無料だったので 紺屋に行かれれば一石二鳥だったのにと 余計なことを考えました。
紺屋に行けばまた感想も変わるのかな。 こちらの麺は喜楽さんと同じ製麺所だそうです

ターチャン  | 2013年2月12日 18:33

バティ先輩こんばんは~♪
やっとこさ行ってきました(^^)次はいつになるやら。
そうなんです。なかなかいけないレア感と特別感がより点数を増やすんですよね(笑)
ワンタン(笑)
具の無いワンタンもかなりレアですよ。
塩山シリーズは平和園狙いなんですけど、具無しワンタンにそそられています(笑)

モヤン | 2013年2月12日 20:40

ターチャンさんこんばんは♪
雰囲気もラーメンも店主さんの人柄も、最高級でしたね。
高速無料だったんですか?知らなかった…。
紺屋も必ず行きたいお店なのでそのうち必ず行きますよ(^^)
あと麺、へー自家製かと思ってましたが製麺所なんですね。しかも喜楽と一緒ですか、貴重な情報ありがとうございます。
これで知り合いにまた蘊蓄を言うことができます(笑)
年末の縁者といい、今回の桂山といいターチャンさんレビューはいつもタイミングよく、モヤンの行動に反映します。ありがとうございます(笑)

モヤン | 2013年2月12日 20:47

こんばんは
4連続アップ!すばらしいラー活ぶりですね。僕はいけても2連くらいですかね…
ワンタンすばらしいですよね。チャーシューもそうですが僕の中ではいまだに山梨№1です。
麺や純の件は揚げ葱のことですかね…僕は理屈っぽいだけで、楽しいレビュー書かれているモヤンさんの文才のほうがすばらしいと思いますよ。あまり持ち上げられると背中がムズムズしますね(笑)

KJ7 | 2013年2月12日 23:29

師匠こんばんは~♪
いや~休日に飯となるとラーメンしか頭に無いようになっちゃいました(笑)
ワンタン最強でしたね、あの餡からもスープにコクを出しているような、ワンタンは桂山では必須ですね♪
師匠の事勝手にレビューに出してしまってすみません。
麺や純のレビューは決定打ですね、あげネギにしてもスープに関する手法にしても、スゴいなぁこの人って感心しました(笑)
もとより注目してましたけどね♪
師匠の真似をしようとしてみても、やっぱり無理でした(笑)モヤンのレビューはラーメンに関係ない事ばっかりなので、見る人によってはイラッとするかもしれないですね(^_^;)
これからもレビュー楽しみにしてます♪

モヤン | 2013年2月13日 20:10