なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ワンタンメン830円」@らーめん 天空の写真いわき市「天空」
2015.5.04

 最近、福島と東京で半々過ごしているので福島のラーメン本を古本屋や新本店で買い集めた。こちら移転前の本(2002年)では「手打ち中華 天空」となっている。2013年の本では「白河らーめん 天空」。2014年末に発売されたラーメン・ウォーカー福島では「天空」のみ。
 なんで、そんなことにこだわったのかというと、この麺は手打ち?
 会計時、お姉さんに青竹で打っているのか尋ねたら、「わかりません」ということ。

 暖簾には「とら食堂」の銘が綺麗に刻まれている。その麺はゴムのように丸い断面で少しビヨンビヨンしている中太麺。表面が波を打つ形状のとら食堂系の麺とは明らかに違う。ちなみにラーメンウォーカーには「白河とら食堂一門のこの店は、開店から20年間一貫して醤油ラーメン一本のみ」と書かれている。
 スープは豚が表に出ていて、東京ではあっさりと形容されるタイプの生姜が効いた豚骨醤油スープにどこか似ている。これはこれなりに美味いのだけど、白河を期待すると違うものが出てきた感がある。
 チャーシューはとら系らしく縁が赤く彩られた脱脂されながら旨みのある肩ロースやモモが計3枚。メンマも本家と違うかなあ。
 それに量が少ないのも違うと。
 ワンタンは生姜が効いた大きめのアンが詰まったものが4枚ほど。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。