なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

14:30頃訪問したところ、店内待ち6名に接続となった。かなりの集客力を有しているようだ。店内は割と広く、長いカウンターの他にテーブル席も充実。キッチリと清潔にされている。男女数名のスタッフによる切り盛りで、ちょっと慌ただしい雰囲気で、落ち着いて食べられない点に不満が残った。

本メニューを選択。麺量は、並・大・特が同額との事で、大盛を選択。着席後、さらに結構待たされた上で配膳された。

麺は、うねりを帯びた中太麺。表面の艶やかな光沢が食欲をそそる。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。旨みという点については「それなり」という印象だが、つけ汁との相性は申し分無し。
量は、大盛でもさほど多くは無く、空腹時であれば、特盛を頼んだ方が良さそうだ。

つけ汁は、如何にも濃厚豚魚系という感じの色合いで、程々の粘度を有している。
麺をつけて食べてみると、節、煮干等の魚介系の複合的な風味旨みと、動物系のコク、旨みがしっかりと感じられる。それでいながらクドさ等は無く、あくまでも滑らかな味わいで、如何にも「TETSU」という印象を受ける。
塩分濃度は適度で、過度のショッパさは抑えられながらも不足の無いヒキをもたらしている。さらに、この系統らしく付与された程々の甘みも、嫌み無く絶妙に味わいを深めており、バランスの良い味わいが形成されている。
ただ、個人的に、この系列には、より濃厚な出汁感を期待していたので、ちょっと物足りなさが残った。
途中から、卓上の揚げ葱と一味唐辛子を使用して食べ進めたが、いずれもよくマッチング。最後は、卓上ポットから「かつお出汁」を注ぎ入れてほぼ完飲した。

具として、チャーシューは、分厚く大きなバラ肉が1枚。赤身部分はしっかりとした歯応えだが、パサつきは皆無。噛み締めると、良質の肉の旨みを堪能出来る。薄めの味付けも良く、美味。
メンマは程々に硬めで、サクサク食感が実に心地良い。これまた薄めの味付けで、非常に良い箸休め。
他に、刻み葱、ナルト、麺上に乗るカイワレ。

バランス良く作り上げられており、万人受けしそうな濃厚豚魚系つけ麺。大きな不満は無いのだが、これまで食べた事の有る「TETSU」のつけ麺の中で、最も凡庸という印象を受けたのは、気のせいだろうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。