なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
95

「ラーメン」@沖食堂の写真念願の沖食堂さん 朝10:00オープンと同時に入店 それからぞろぞろ直ぐに一杯に 人気のほどが伺えます ラーメンの麺は少し太め スープは優しい味 大好きなテイスト グリーンピースのおにぎりと一緒に食べました
ごちそうさまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+ピースにぎり(¥500+60)」@沖食堂の写真初・久留米、「南京千両」か「沖食堂」で迷いましたが、
暖簾分け?の「南京千両・富山」に伺ったことがあるのと、
お店の佇まいからこちらを選択。
いかにも豚骨!というスープに大満足、もう少し麺は硬めの方が好みかも。
スープも完飲、ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

久留米の名店です。
焼き飯とラーメンセットが最高!
あっさり好きな方は×
本当に久留米来た際はお試しあれ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン  500円」@沖食堂の写真味のある外観がいい。
住宅街に佇む歴史のある食堂で、
入店してもリアクションなし。
ラーメンを固めでオーダーするが、
固めが通ったのか確信持てず。

タレが個性的ですね。
醤油の香りがダイレクトに伝わる。
豚骨スープのコクはなかなか。
麺は固めの仕上がり。
その周りにも醤油の香り... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥440」@沖食堂の写真2017.02.25 10:00入店。

大学受験の煽りか博多の宿は満杯で仕方なく?久留米に宿泊。朝ラー狙いで開店直後に訪問するも既に7名が着座。表題を口頭注文して着丼の頃にはほぼ満席の人気ぶり。

店内の豚骨臭からは想像のつかないライトな口当たり、と言うのが1stインプレッション。油脂分も少なめで軽やか。だが飲み進む毎に旨みを抽出した豚感が増幅されていく... 続きを見る

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん大」@沖食堂の写真食堂系のラーメン。
九州だと久留米らーめんって感じより、
佐賀の一休軒のような感じ。

麺がやや柔らかい。
固めを頼めるかわからないが、固めをオススメします。

おにぎりはすごい美味しそう。(食べてはいない。)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@沖食堂の写真久留米で「食堂」と言えば、こことひろせ食堂、松尾食堂(どんぶりやさん)の3軒が指折られる。地元の方々が揃って絶賛する一杯。着席時点で、既に興奮は最高潮だ。
2014年12月現在、たった440円(これでも値上がりしたらしい)で提供されるラーメン。あっさり系の久留米ラーメン然とした風貌。蓮華を手に取りスープを飲んで気が付いたが、このラーメンは久留米の文化圏に於いて、敢えて王道を攻め... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(380円)」@沖食堂の写真地元では有名らしく,ネットで検索して訪問してみることにする。
とりあえず,価格が安く,おばちゃんが多く働く昔ながらの食堂。
あっさりとしてこくの余りない豚骨に醤油だれが少し合わせてある。
麺は中細ストレートだが,ゆですぎており軟らかく,こしがない。
具は青葱,海苔1枚,ゆで玉子の薄切り1枚,焼豚が約3かけら。
焼豚は肉質がしっかりめだが,... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

麺の指定を聞かれずスルー
結果的に柔らか麺🍜登場
普通硬麺🍜なら95点だったかも

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 380円」@沖食堂の写真1月20日(火)
いよいよ待ちに待った「久留米~玉名~熊本を一日で駆けるツアー 九州中部の豚骨の歴史を巡る旅」始まりです。朝早く博多を出発してまずは久留米へ。用事はさっさと済ませて朝10時半、いよいよこの日一発目のお店「沖食堂」へ向かいます。ここのお店は久留米市の進学校である明善高校のすぐそばに位置し、お昼時は学生やサラリーマンで賑わうんだそうです。朝10時から開いてるっていうのもいいで... 続きを見る

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件