なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 もっこす 大倉山本店
住所 〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7丁目1-3
電話番号 078-361-3405
営業時間 24H(火曜深夜2:00~5:00は店内清掃休業)
定休日 無休(※正月三が日は休業)
席数 約20席
喫煙 喫煙可
最寄り駅
神戸市営地下鉄山手線『大倉山駅』(73m)
マップで周辺を見る
アクセス 神戸市営地下鉄 大倉山駅から東へ徒歩2〜3分
駐車場 駐車場なし
メニュー メニューの写真を見る

中華そば(みそ・醤油) ¥780
チャーシューメン ¥980
つけ麺 ¥780
大盛 ¥100
ギョーザ 250円

中華そば(みそ・醤油) ¥780
チャーシューメン ¥980
つけ麺 ¥780
大盛 ¥100
ギョーザ 250円
元に戻す

タグ 自家製麺
初レビュアー事件記者チャボ(2005年7月21日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
80.173ポイント
レビュー件数 42
レビューユーザー数 38
平均点 73.405
総合順位 3,074位
スキ 5
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

もっこす 大倉山本店のレビューピックアップ

「中華そば ¥800」@もっこす 大倉山本店の写真2018 1/24(水) 7:20 先客無し

神戸に泊まった際に朝食の付いていないホテルだったので朝ラーするために10分くらい歩いてきました。

ありがたい24時間営業でタクシードライバーとかいるかと思ったけど、先客は無しとちょっと寂しい状況のなかで大きいテーブルに着席しました。店員さん達は卓上の調味料などを補充していて忙しそうです。
デフォのラ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば(醤油)¥780+味玉¥100」@もっこす 大倉山本店の写真初訪問。

神戸に帰省した折に中学時代の旧友と三宮で飲んだ後に寄ってみた。
友人曰く、「神戸を代表する老舗「もっこす」を食べなきゃダメだ。ただし、本店は美味くはない。」
たまたまではあるが、わしにとっては1年かけてのリベンジ訪問でもあった。

午後零時24分、店外待ち6名に接続。
先客たちも店内客も... 続きを見る

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 並 麺硬め+味濃いめ+ばらみ」@もっこす 大倉山本店の写真神戸大学での会合後、大倉山へ。神戸を代表するラーメン店のひとつであるこちらへ。

食べたのは、中華そば 並 麺硬め+味濃いめ+ばらみ 780円。
http://blog.livedoor.jp/chris_macarthur/archives/72886828.html

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、最初は硬... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば」@もっこす 大倉山本店の写真神戸市民のソウルフード的存在と聞き、
本店に行ってみた。
豚の旨味を感じるシンプルなスープ。
醤油の甘みが良い。
細麺は香りがよくなかなか旨かった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン」@もっこす 大倉山本店の写真2017/06/02

西神から三宮の方へ向かう途中に寄りました。
9:15頃到着。
先客3名、後客2名。

店内は、大きなテーブルが3つありグルっと8席ずつ椅子がある感じ。
【チャーシューメン 980円】を注文。

店内も店外も強烈な豚骨の臭いが食... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

もっこす 大倉山本店のお店情報掲示板

思い出

45歳の私が、14から21にかけて嵌っていたのが、こちらのチャーシュー麺の大盛りでした。半端じゃないボリュームのチャーシューが、成長期の男子にとって、どストライクでした。中央図書館に行くのがメインなのか、もっこすに行くのがメインなのか、判らなくなるくらいでした。神戸っ子は苛ちが多すぎるので、行列のできている店は観光客向けで、地元の人間は適当にすいている店に行くのが普通ですが、もっこすは当時別格で、時分刻の行列は必至で、店の前にはタクシーや各種営業車両が堂々と路駐していました。家の場合も最初に嵌ったのが父親で、その内に家族全員が嵌ってしまいました。長い間食べていませんが、当時の味が脳内で美化されているのか、めちゃくちゃにうまかったような、でもスープのクオリティーは現在の有名ラーメン店がやっぱり上かなと感じたりと、迷います。久方ぶりに食べたいという思いと、思い出は美しいままでという思いがせめぎあっています。

2009年11月12日 03:17