なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年6月6日の大崎裕史の今日の一杯

東京都豊島区大塚

2019年6月1日オープン。雪が谷大塚にある人気店「たけもと」のセカンドブランド。店主はしばらくこちらにいるらしい。
それにしても雪が谷大塚から大塚、って。(^^;
「始めは向こう(池上線沿線かな?)で探したんですよ。なかなか物件が出てこなくて、このあたり出身なんでちょうどよかったです」とのこと。

店名は「2号店」とか「にーっと笑って欲しい」という思いとか、いろいろあるみたい。ちょっと検索がしにくいかな。
生姜醤油ラーメン、トマトみそラーメン、マーボー豆腐麺、生姜醤油つけめん、のどぐろと宇和島産真鯛ラーメン、のどぐろと宇和島産真鯛つけめんなどが券売機にラインナップ。ただ、まだ生姜醤油ラーメンしか発売していない。何かで店主だか店長だかが新潟出身で長岡のご当地ラーメンを出した、みたいな話を読んだ気がしたのだが確認してみたらまったく関係ないそう。

鶏の甘辛温玉丼(ゆめぴりか)100円というサイドメニューがメチャ安で私が知っている範囲のラーメン店ベストCP。「開店記念サービスですか?」と聞いてしまったほど。和渦@北品川では50円のサイドメニューを出しているが、肉の量などはこちらが上回る。聞くと「たけもとでずっと大盛り無料でやってきたわけですが並の人があまり良い気分にならないのと他でも同じようなことをやってる店が多いので違った形でサービスを考えてみた」とのこと。これは目から鱗のスゴい発想。

生姜醤油ラーメン750円を頼んでみたが長岡系の生姜醤油と比較すると結構違うが、ショウガが効いた醤油ラーメンとして食べるとおいしい。清湯醤油味に若干の背脂を浮かし、おろし生姜をトッピング。混ぜずにスープだけ飲むと生姜は加わってないような感じ。混ぜて食べると当然、生姜醤油になる。麺は村上朝日製麵で見た目よりも口に入れた時に太さを感じるタイプ。

麻婆豆腐麺やのどぐろが始まったらそれらも食べてみたい。

お店データ

Nii

東京都豊島区南大塚3-46-5 中島ビル1F(大塚)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。