なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「汁なしラーメン(650円)+味付玉子 ニンニクカラメ」@ラーメン二郎 環七一之江店の写真8ヵ月ぶり。
13:10到着すると約20人の並び。ここは日曜に来ることが多いがやはり混むようだ。
スルスルと列は進み前の客が食券を買って戻ってきたところで自分も店内へ。ここではラーメンと汁なしを交互に食べるのがパターンになってしまっているので今回は汁なしをチョイス。
並んでから30分ほどで着席。厨房には前回と同じ2人で例によって店主さんから助手さんに厳しい指示が飛んでいた。
ところで今日は両替を頼む客がやたら多い。最後の方は替える札も無くなってしまって店側も困っていた様なのでやはりラーメン屋に行くときは前もって用意しておくべきだろう。府中とかだと両替自体断ってるし。
着席後はさほど待たずにコール。ここの汁なしを魚粉無しで食べるのは初めてになる。

麺は今回もモッチリ感が強くてムニムニした食感。硬めで頼もうかと思っていたが他に誰も頼んでいなかったので忘れてしまった。
今日は一之江にしては多めで280g程度はあったかも。
タレはラーメンのスープと基本的に大きな違いは感じないが若干液体油が多くしてある気もする。今回は魚粉を入れずにカラメにしたので醤油の味が麺にダイレクトに絡んでショッパ美味い。
ブタは相変わらず小ぶりで脂身少な目。ここ数年はこのブタで安定している。今回一之江では久々にアブラコールしなかったが物足りない感じがしたのでやはりした方がよかったかな。
野菜はデフォだと少なめでシャキシャキの食感。
後半は卓上のブラックペッパーを多めに投入。関内でも実証済みだが汁なしにはブラックペッパーが実にマッチするな。後はラー油が置いてあれば…。
やはり量は少ないので6分ほどでスープまで完飲。

一之江はラーメンも汁なしもそれほどインパクトはないですが、だからこそ「万人受けする二郎」として幅広い客層が並んでいるのが印象的。
値段が他の二郎に比べて低めに設定されているのも嬉しいところですね。
次回はまたラーメンだな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

コメント

こんにちは。
一之江二郎は仰る通り、万人に愛される味わいって感じですよね。久しく行ってないので再訪したくなりました!やっぱりアブラコールは必要そうですね。

poti | 2017年1月23日 09:30

potiさん、コメントありがとうございます。

一之江のアブラはピンク色でプルプルしていて美味いのでやはり頼むべきでしたね。
今年に入って少なめの二郎しか食べてないのでフルサイズの店で食べ切れるか不安になってきました…。

A.U | 2017年1月24日 06:24