なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00過ぎに訪問。席は7-8割の埋まり具合で活気が感じられる。店内はやや小ぢんまりとしており、多めのテーブル席と短めのL字型カウンターが設けられている。年季が入っておりやや雑然とした雰囲気だが、博多豚骨の店には似つかわしく感じられる。男女数名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。麺の硬さは「バリかた」で頼んだ。暫く待って配膳。

スープは白濁しており、表層には多めの液体油。粘度はさほど感じられない。
飲んでみると、豚骨の出汁感は過不足無く主張。クセや臭みはさほどでも無いが、ナチュラルなコクと旨みに文句無し。
やや多めのマー油が振りかけられているが、過度の苦みは無く、程好いアクセントがもたらされておりバランス良好。
塩分濃度も適度。過度のショッパさは抑えられながらも最後まで十分なキレをキープしてくれていた。
途中から、店員さんに頼んで出して貰ったおろしニンニクと卓上の辛子高菜で味変を実施。無論、非常に良くマッチして最後まで全く飽きる事無く食べ進める事が出来た。

麺は、この系統らしい低加水率のストレート細麺。
食べてみると、キッチリとバリかたな茹で加減。非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。小麦の密度感を伴うツルツル&シコシコ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量は少なめ。替玉前提という事だろう。値段を考えると、もう少し量が欲しいところだが。

具として、チャーシューは薄い巻き豚バラ肉が1枚。適度な歯応えと味付けでまずまずの旨さ。
キクラゲと青葱はやや少なめで、ちょっと残念。
他に、大きめの海苔1枚。

特筆すべきポイントは無いが、都内で食べる博多豚骨ラーメンとして十分なクオリティを有している。客入りを見ても、地元の人には重宝されていそうな一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。