なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ラーメン(600円)+半ライス(220円)」@中華つけ麺大王 立石店の写真1973年創業、破綻後、今でもその名称を使い、長く営業している「元祖つけ麺大王」。
20年程前、「立石店」で酒を飲んだ思い出があります。昔ながらの赤いカウンター。深夜まで営業。
スナックのお姉さんが深夜、ビールに餃子で人生を語り、涙を流していた、場末感満載の「立石店」です。

久しぶりに店へ行き、「ラーメン(600円)」「半ライス(220円)」を口頭注文。
一人で切り盛りするオヤジさん、テレビを見ながら笑いながら、調理開始です。その落ち着きっぷりは、さすが長年の経験値。

5年で破綻した「元祖つけ麺大王」ですから、立石店もまた、1973〜78年の開業となります。
立石の飲屋街から少し離れた場所で、長く営業している「つけ麺大王」です。場末のくたびれた感じが、店内のいたる所に感じられますが、それは「ラーメン(600円)」にも感じられます。

独特な味わいのスープに、昔ながらの中太ちぢれ麺。
タネものは、茹でもやし、チャーシュー、わかめ、メンマ、小さな海苔と茹で卵1/4個。
独特の臭みがまた、昭和のくたびれ感を演出します。タネものにも、少々のくたびれ感があるのが、立石店です。

半ライスは、ラーメン丼より一回り小さな器。かなり多い量です。
「きゅうり、食べられるかい?」と聞いたオヤジさん。浅漬けのきゅうりを2枚、頂きました。

ありがとう、立石の大王。まだまだ、末長く続けてください。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。