なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:30頃訪問。先客2名後客無し。店はテイクアウトがメインのようで、小ぢんまりとしたスペースにテーブル席が2つだけ設けられている。不潔感等は無く、居心地は悪くない。女性1人による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープはマイルドなイエロー。若干の粘度が感じられる。
飲んでみると、ココナッツミルクのコクとまろやかさを基調とする穏やかにして滑らかな味わいで、スパイス感は大分抑えられている。レモングラス等、エスニック系香草類の主張も控えめで、日本人にとっては受け入れ易い方向性と言えるのだろうが、本場感が乏しく、面白味には欠けると思う。
重さや塩分のトガりも無く、全体として、良かれ悪しかれ、引っ掛かりの無い味わいに仕上げられている。
途中、卓上のオイル漬け唐辛子微塵切りを多めに投入すると、パンチが付与されて自分好みの味わいになった。

麺は平打ち気味の中太麺。
食べてみると、コシや歯応えといった面での主張は無く、咀嚼に対する抵抗感はほぼ皆無。店によるとこれが本場的な麺らしいが、特に感想は無し。量は少なく、普通に啜っているとすぐに無くなってしまった。
本品の目玉となるのが、丼の上に被せられている大きな円盤状の揚げ麺なのだろう。これにより、量的な部分でも或る程度カバーされている気がする。スープに浸して食べると中々の旨さだった。まあ、感激する程でもないが。

具として、骨付きの鶏腿肉が2本。トロトロに柔らかく煮込まれており非常に美味。
パクチーは、非常によくマッチしており流石。願わくば、もっと量が欲しいところだ。
別小皿で提供されるアイテムとして、刻まれた紫玉葱とピクルスは、味と食感の両面で良いアクセント。カットレモンは序盤に絞って振りかけたが、一定レベルでエスニック系的ニュアンスがもたらされて良い味変になってくれた。

クセの無いアレンジは日本人に向いているのかもしれないが、個人的には、どうしても本場的、本格的な味わいを期待してしまう。決して悪くは無いのだが、物足りなさが残るというのが正直なところだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。