なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「塩つけ麺 中」@つけ麺 陽の写真この日はつけ麺が頂きたい気分…そういえば葛飾につけ麺の人気店が昨年オープンしたと聞いていたので、京成に乗って堀切菖蒲園まで行ってみました♪

11時ちょうどの到着で無事先頭をゲット。
開店時にはあっという間に席が埋まり外待ちが出来ていましたね。
券売機には塩や坦々、カレーなどの各種つけ麺がズラリ。
初回なので基本と思われる「塩つけ麺 中 900円」にしてみました。
塩専用の無料トッピングの「わさび」も合わせて頂きます。

店内は広めの厨房とL字カウンターで余裕のある配置。
店主さんは「二代目狼煙」のご出身ということで、あちらも気に入ってたので期待感膨らみます。
着席から10分少々で配膳されました。

まずはタレをそのまま一口。
おぉ、濃厚ながらもふっくら柔らかな口当たりがいいですね!
動物系はやや鶏が強めに出ており、とろりとした粘度とまろやかなコクを表現。
そこへ煮干しや節、それに昆布なども合わせているのかな?
ニボっ気は利かせすぎず、バランスを保ちながらも豊かに魚介の風味を薫らせていますよ。
塩ダレがそれらの主張を上手く切り取り、つけダレとしてかっちり機能させていますね。
黒胡椒をアクセントに使われてて、これがまた塩豚魚の味わいに良く映えます♪

麺は村上朝日製麺所製の太めストレート。
こちらはガッシリと力強い弾力があって食べ応え十分。
つけダレをたっぷり絡めてサクサク箸が進みますね~♪
麺量は中盛で300g、タレが濃厚なのでこれくらいの量がちょうどいいかな?

具はチャーシュー2種・穂先メンマ・玉ネギ・刻みネギ・海苔。
麺上の低温チャーシューは火入れが完璧で、むっちり柔らかさと旨味の凝縮っぷりが半端無いですね!
タレ内にもバラの角切りチャーシューが入ってて、こちらもトロトロ甘めでグー。
穂先メンマは歯切れの良さで一本が結構長めなのも嬉しいですね。
刻み玉ネギなどのザックリとした歯触りによるアクセントも良好。
出身店の気配を感じさせる構成で、長所は確りと受け継がれているようです。

途中から無料トッピングのわさびを使用。
これはタレに入れるより、ざるそばのように麺へ直接使う流れでしょう。
うんうん、ツンとした辛味と清涼感が想像以上にこの濃厚つけ麺にピタリと嵌まりますね。
塩つけ麺には柚子胡椒も付けられるので、そちらの変化も気になるなぁ…

卓上のポットでスープ割りを楽しみつつ、完食です。
豚骨魚介の塩味は中々安定させるのが難しい印象ですが、こちらは見事に纏められていましたね。
濃厚さと全体のバランス、後半からの味変と新店ながらハイクオリティな一杯に大満足。
出身元で人気だったカレーも試したいですが…うーん人気という坦々も試してみたい悩みですw

ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

ペンギンさん,どうもです。
こちらは気になってました。
狼煙さんも特に二代目系はイマイチ合わないかな…と思ってたのですが,カレーは好きなのでそれ狙いで。

RAMENOID | 2018年2月11日 09:11

こんにちは^^

流石に狼煙の血を引く美味しさでしたね。
自分は特製にしましたが、値段の割にはちょっと。。。
次回はやはりカレーかな。

としくん(また停滞) | 2018年2月11日 16:14