なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「つけそば」@魂の中華そばの写真2年ぶりの再訪だが、期待が大きかっただけに結果は非常に残念なモノに。

まずはつけダレから
この日の仕上がりは良くも悪くも荻窪リスペクトと言っていいだろう。
ようは辛すぎるんすわ。
一口二口麺を啜っただけで毛穴が開くのが判る程。
前回「好みの分かれる部分を修正し」と書いたのを撤回せざるを得ない。
繰り返しになるが、私が荻窪が好みでなかったのはここですけん。
この辛さは容易に引くことはないと判断しスープ割り回避。

もう一つは麺。
ゆで過ぎなのか、〆不足なのかとにかくぶよっとした食感でハリが感じられない。
何をやってるのか丸わかりの厨房内のオペレーションにも問題があったよう。
その麺は破棄してた気がするのだが、関係あるのかなあ。
詳細は伏せるが、突然「あっ」とか声出さねえで下せぇ。
手術中に第一助手が「あっ」とか言ったら患者は不安になりますぞ。

つけダレが少なめで辛味過多でも、動物系のまろやかな旨みと追従する節系の香りのバランスが良いのは伝わってくる。
基本的な味はめちゃ好みなんすけどねぇ。
辛さ控えめとか出来ませんかねぇ。

店内の感じから夏場にラーメンをズルズル、どーも!はツラそうな予感。
つけ麺がこの感じだと、ペペロンチーノは近所のオキニのイタリアンで食いたいので足が遠のきそうだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。