なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「キャベツメン」@熊本らーめん 育元の写真夕飯を一人でとることになったので、気兼ねなくこの店にやってきました。いつも買い物をするショッピングセンターのすぐそばにあるので、買い物の前にちょっと寄るのに具合がよいのです。表記のメニューを券売機で注文、850円です。お釣りの150円は財布にしまわずにそのまま、替え玉用に取っておきます。18時15分ぐらいだったので、まだ店は混んでおらず、店員に案内されてV字型をしているカウンターに着席、3分ほどで、着丼です。オペレーションは大変良く、元気で無駄のない店員さんの動きです。これは美味しいラーメン屋では共通していますね。
香ばしいマー油が食欲をそそります。キャベツが大量に乗っていますが、新鮮で柔らかい。生なので、スープに沈めて少ししんなりとさせます。コクがあるが、しつこくない品のいいスープは夕方の部開店してあまり時間がたっていないからでしょうか。いわゆる若いスープです。ちょうどいい塩加減で、具はほかにはほろほろのバラ肉チャーシュー、大量のきくらげ、煮卵そして青ネギです。
麺はいわゆる九州系のとんこつラーメンのしこしこした色白極細のストレートです。ちょうどいい歯ごたえとプッツンと切れる絶妙のゆで加減です。麺を二口ほどすするとキャベツ、チャーシューと煮卵は替え玉用に取っておきます。麺があらかた無くなったところで「替え玉お願いします。」替え玉は注文の際に現金を渡します。特にゆで加減を指定しなかったので、1分ほどで、到着。平たい皿に盛られています。量ははっきり言って、元の入っている麺の量より多い。元の麺を1とすると1.5倍ぐらいはある感じです。テーブルには継ぎ足し用のたれも用意してありますが、使わずガバッと丼に入れてスープとなじませ、どんどん行きます。ふーうっ。あっという間に胃袋に収まっていきます。
この店、時々というか、年に2回ぐらい来ます。ときどき無性に食べたくなるラーメンです。熊本ラーメンという特異性が関東のこの片田舎では希少性があって、受けているのでしょうか。ゴールデンタイムには待ちができるぐらい繁盛店です。点数は85点です。もっと高くてもよいのでしょうが、今後たくさんおいしい店に出会ったときにインフレ状態の採点をしておくとよい点がつけられないので、こうしました。大変おすすめの店です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。