なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「カボスの冷やし中華」@せたが屋 FC京急鶴見駅店の写真【夏1日40食限定】820円。冷53杯目。2018.08.12(日)、11:42訪問。先客1人、後客4人くらい。
卓上には胡椒、唐辛子、酢、醤油、辣油、ガツンカレー、刻み玉葱、ガツン汁。
店内冷房ガンガン。Tシャツだと凍えるので、早速カーデ着用。

せたが屋自慢の魚介スープと大分県産カボス使用とのこと。

冷蔵庫強温度でしっかり冷たい。
酸味の強い冷し中華ダレ。酢系の酸味少しに、柑橘系の酸味がかなり強い。
付属のカボスを搾っても変わらないくらい、元から酸味が強い。デフォもカボス使用だろうか。
醤油感はやや弱めで、自慢の魚介スープは微かにしか感じられない。

黄色い中くらい太さのちょいウェーブ麺。
多加水ツルツル。よく締まっていて硬め。小麦風味弱め。
麺量は普通。

刻みチャーシューは味弱い。
メンマ、焼き卵、キュウリ、メンマ、刻み海苔に紅生姜。普通。

卓上調味料でなんとかする。
ガツン汁をドボドボ入れると、少し魚介と醤油がプラス。
カレー粉は少しかけてみたが、まずまず合う。
辣油を回しがけ。辣油が一番合うかな。

柑橘系酸味の強い冷やし中華で、特徴は酸味が強いくらい。
「魚介スープ」に少しだけ期待をしたが、特に独自性はなかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。