なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏のせラーメン ¥830円」@麺屋つららの写真2018/9/19

南古谷駅の駅近に位置するこちら。店の真ん前に某男子高のスクールバスが発着するバス停があるので、お店の中は学校帰りの学生サン達で賑わってます
入り口右側に券売機が設置してあるので、先ずは食券を購入。 左上に位置するのは基本メニュー「ラーメン¥780円」だが、右隣のボタン「鶏のせラーメン¥830円」をポチってみた。 このメニュー、某ラーメン本に掲載されてたメニューだが¥50円値上がりされた模様
厨房の中には、やや強面でガタイのよい店主殿が一人でオペレーション
食券を提示し、さほど待たずに丼が登場。 店主殿からサーブ時「熱いから気をつけてください」との補助アナウンスあり。チンチンに温められた漆黒の丼、確かに熱いので火傷に注意しましょう
先ずは丼の全容を眺めよう。トロンと半濁したスープは、白湯と清湯をブレンドしたオリジナルの鶏汁スープ。豚骨と魚介のサポートもありマイルドで円やかな味わい
併せるカエシは白たまり醤油や鶏醤等、数種の醤油をブレンドしているらしく旨味を増幅させている
麺上に納められた具材は、炙りの入ったバラチャー2枚に鶏チャーシュー、分葱、刻みタマネギ、甘辛に味付けされた笹がき牛蒡の食感が斬新でイイ仕事をしている
麺は鯉沼製麺製。少し縮れた中太平打ち麺、加水高めで熟成感もありツルモチの食感。程よい弾力でスープがしっかり絡んでくる。 麺量150gとのこと、啜り始めたら何となく物足りなく感じたので、半分食べ終えたところで替玉(¥100円)を追加注文(現金払い可)
替玉は細麺なので1~2分で登場。中太麺から細麺へシフトし2種類の食感が楽しるのも面白い
平日ランチTIMEにはライスがサービスなのが嬉しい♪ カウンター右端に小さなお茶碗と炊飯ジャーが置かれており、セルフで食べ放題。卓上にはふりかけ(のりたま)が用意されてるのも有難い。育ち盛りの学生サン達が何回もお替りしてる姿が微笑ましかった(o^―^o)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。