なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:05頃訪問。先客2名後客無し。店内は割と広めで、L字型カウンターと幾つかのテーブル席が設けられている。キッチリと清潔にされており、落ち着きの感じられる空間だ。男性1人による切り盛りで、接客は良好。

ランチはワンメニュー。御飯を付けるかだけ訊かれて付けて貰う事に。暫く待って配膳された。

スープは、儚い色合いに白濁しており、粘度は感じられない。アブラ分も少なめ。
飲んでみると、軍鶏のコクと旨みがしっかりと感じられる。ガツンと来るようなインパクトは無いが、身体に沁みわたるような優しい出汁感が何とも好ましい。クセや重さを全く感じさせないのも見事の一言に尽きる。
塩分濃度は控えめだが、出汁感と丁度良いバランス。不足の無いキレは確保されており文句無し。
途中、カウンター上の味変アイテムを試してみた。摺り胡麻はあまり必然性が感じられなかったが、黒胡椒は優しい味わいを絶妙に引き締め、良い効果をもたらしてくれた。

麺は、ストレート細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、しっかりとしたコシと歯応えを有している。表面の平滑性と、噛み切る際の適度な抵抗感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめだが、最後にスープに投入した炊込み御飯と合わせると、程好い満腹感が得られた。

具として、中央には鶏胸肉スライスの竜田揚げが乗る。サイズは適度だが、ジューシーさ、旨みは今一つ。
その上には、もみじおろしが乗っている。スープに混ぜると、心地良いピリ辛感を楽しめる。
他に、刻み玉葱、青葱、フライドガーリックといったところが振りかけられているが、いずれも多過ぎず、細かく処理されている為、主張し過ぎる事は無く程好いアクセントとなっている。

濃厚さ、インパクトを売りにする店が多い昨今、ナチュラルにして優しい味わいが得難い個性、魅力となっている上質の鶏白湯ラーメン。鶏料理専門店の矜持を感じさせてくれる一杯を大いに楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。