なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製ひびき」@中華そば ひびきの写真12時半を回ったところでしたので
外待ちを覚悟で行ったのですが
カウンター満席で中待ちの一人目でした。

この時間なら上出来か、、、
はたまた一回り皆食べて外待ちは無くなったか、、、
前回は一年以上前なので現状は良く分かりません、、、

前回と同じメニューをオーダー。
プラス200円でこのトッピングならお得かなと。

さてこの店は座ってから待ちます。
カウンターから調理の様子を見てましたが
相変わらずデジ秤に丼が乗っている(笑)
店主は真剣に秤の数字を見ながらカエシを丼へ、、、

この店の特色と言って良いかもしれない(笑)

短く見積もっても15分は待ちました。
少々小降りな丼ですが、なんか味玉の色味が鮮やかです。

具は味玉、チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔、
と、オーソドックスな内容ですが
見た目はボリューム感があって食欲をそそります。
特製を名乗るだけはある。

スープは鶏と魚介のミックスだそうですが、
少々甘い後味の塩気の控えめなあっさりスープ。
ここのラーメンの味付けは全体的に甘めです。

でもベタッと口に残る嫌な甘さではありません。
味付けの方向?ポリシー?が少し甘め。
店主の好みでしょうか。

メンマも少し甘めの後味。歯応えはしっかり。
非常に柔らかいホロホロのチャーシューも少し甘め。

そしてこの店の一番の特色の麺ですが、
全粒粉入り、褐色のそれが見た目に斬新です。
食感は加水少々高めなプニプニ感はありますが、
他では珍しい独特な噛み応えです。
あと、粉本来の甘味が口に広がる感じがあります。

味玉はそんなに甘い味ではない、
白身までしっかり味の付いた煮玉子です。ウマイ。
黄身の色がすごく鮮やかで、
この一杯のクオリティーを高めるのに
非常に貢献度が高いものと思われます。

さあ、最後のスープを飲み干しましたが、
口に残る微かな香りと甘味に、
コップに残った水を飲むのを止めました。

味はもちろんなのですが、自分のラーメンへの評価は
一杯の丼の中での方向性というか、
店主のポリシーの現れ方というか、
その辺りに共感できると高めな傾向にあります。

好みが別れるかとは思いますが、
ここのラーメンは全ての味付けの方向性が
一方向に揃っていて、計算されている感があります。
好きな人には非常にバランスの良い
一杯ではないかなと思います。
地元府中のラーメン店として
迷わず人に紹介できますね。

何はともあれごちそうさまでした!
また伺いたいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。