なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏そば+味玉」@竹末東京プレミアムの写真後味まであっさりの、癖のない鶏白湯。どっしりとした印象は束の間、柔らかさと円やかさを伴い、ふくよかな鶏の澄んだ旨味が塊のように舌先を唸らせる。鶏油との一体感、その味の濃厚さに、深く惹き込まれてしまう。
中細麺には当然、遠慮なくスープが絡みまくるが、香りの抜けが抜群に良い事もあり、決してスープの一人旅にはならない。腰の粘りと歯切れの良さ、硬くも柔らかくもない。小麦の息吹が琴線に触れれば、箸の動きは止まらない。
目の前で調理が進むLive Style、麺とスープと玉葱だけで成立しているラーメンだが、この彩り豊かな具材の数々、盛り付けの美しさも魅力のひとつ。
客捌きや調理工程の問題で回転は悪いが、着席後、如何に客を楽しませるかに腐心する姿勢、売上よりも大切なものがある、そんな信念を感じる暖簾だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだ訪問したことないので、そろそろ訪問してみたい。
連れてって(笑)

一日三食ラーメンprogress | 2019年1月13日 11:03

言ってくれればいつでも、ですぜ。
出来れば土日がありがたいっす。

Dr.KOTO | 2019年1月13日 20:25

栃木の竹末食堂で食べた鶏白湯は旨かったです。
麺との相性も大切ですね。

カナキン51 | 2019年1月14日 15:55

麺とスープで完成している事が、ラーメンの絶対条件だと思っています。
そんな考えのおいらからすると、このお店のラーメンは本当に完成度が高いっす。

Dr.KOTO | 2019年1月15日 20:30

さくら市の竹末を食べた衝撃を思い出しました!近くからいつでも行けるかと油断していましたが、こちらも早めに伺おうと感じるレビュー、ありがとうございますっ(*`・ω・)ゞ

takumix92 | 2019年1月23日 19:46