なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「真鯛の特製醤油らーめん」@麺屋 翔 みなとの写真新宿…良い新店が増えないかなぁと思いつつ、魚系苦手だし…でも新店食べてみたいし…と来てみました。

券売機が店外なので先ずは食券を。一番人気は塩、そうレビューもここまで全部(?)塩。
鯛ラーメンと言えば塩!
という事でも前もって決めていた醤油をポチっと(笑)

外観は入り口がかなり開けていて入り易くビル地下なのに圧迫感の無い造り。
店内はカウンターのみで席は床に固定式、幅は広めにとってあるのである程度混んでいても狭くは感じませんでした。
BGMは洋楽ポップス。これ系のお店だと最近は和楽器の曲とかが多くなった印象ですが、洋楽とはミスマッチに思えてむしろカジュアル感が出て寛ぎ空間でした。

盛り付けは麺が綺麗に整えられて具もきちんと並んでいて、既に人気店の風格があります。一時期の本店は盛り付けが荒れていたので、今回綺麗さに少しビックリしました。

それではいただきます!
スープは鯛のまろやかな風味がしっかりと抽出されて生臭さは無く、華やかかつ飲み易い味!
魚種選定型のスープはどこへ行っても殆どのお店が生臭さが残っていて、それが美味しいと世間様から評価される度に疑問を覚えてきました。
しかし、こちらは一口目から「んんッ!?」と唸る美味しさだったのです。これにはビックリ。
鯛と醤油ダレなんて、きっとタレの味で鯛は潰されると思って試しに注文したのに…全く逆(汗)
鯛のまろやかな風味が醤油の香りと合わさって、嫌み無くそして塩では出ないであろう厚みを持った貫禄ある鯛スープ。鯛のアラ以外に鯛干し等も使っているのでしょうか!?
塩と醤油どちらも良いところはありますし優劣をつけるつもりは無いですが、私は塩を食べずしてこのお店は醤油の方が私好みだろうと思ってしまう程のインパクト。

麺は細麺ストレートでプリッとした歯切れと噛めばほのかな甘味、すすり心地とスープを活かす為の麺の作りでとても好みです。

具は、チャーシュー・メンマ・つみれ・バラ海苔・三葉・葱・味玉。
チャーシューは豚と鶏の低温調理、両方共薄味で肉本来の味を楽しむタイプ。スープの味とも合っていました。
つみれは何だか食べた事ある味なのですが…思い出せず。これ何の味でしたっけ?
バラ海苔も三葉も葱も良い風味でどれもスープと非常に合っていて良かったです!
味玉は黄身が流れ出るくらいトロッとしたものですが、これはスープに混ざらない様にゼリー状が好ましいなと思いました。

味を総合して…
『鯛と醤油の一体感が素晴らしい一杯、新宿駅近郊の魚系清湯では随一!』
だと思いました!

期待せずに来たという心境を差し引いても、新宿駅徒歩圏内では現時点で一番美味しい魚系醤油ラーメンだと思いました。(味なんてものは其々の好みが違うので私的にはという意味で)
出汁の雰囲気からして塩より醤油の方が美味しいのではないのかと思いますし、それを確かめる為にまた来なくてはなりません。
新宿駅近郊に好みの清湯が出来て良かった!

改めて本店も行ってみようかなとも思います。

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。