なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「Italian風フルルの豆乳担々【冬季限定】」@麺屋 Hulu-luの写真今回は冬季限定を狙って来ました!

こちらは好きなお店ではあるのですが曜日で提供メニューが変動するので、タイミングを合わせるのがなかなか難しいんですよね。
今回は曜日ものではなくそう言えば食べてなかったなぁという「Italian風フルルの豆乳担々」を注文、相変わらずのハワイアンBGMでゆったりと待てます。
スラックギターいいなぁ…とか思っていると配膳、フルルらしい担々麺の盛り付けが可愛い。

それではいただきます!
スープは辛味控えめでかなり豆乳のコクのある味わい、フルルといえばアッサリなイメージがあったので少し驚きでした。
自家製だというラー油は八角等の香辛料や香味野菜の風味はそんなに強くはなく、辛さも控えめで軽めな味わいでした。しかしにんにくや唐辛子等のラー油の具も入っていたので(にんにくはフライドガーリックの後入れかも)、その部分は麺やスープと合わせてもかなり存在感がありました。
スープ自体は鶏出汁がメインかと思う旨味ですが白湯ですかね?豆乳と合わせているので私は分からなかったです。
とてもコクがあって良い意味でフルルらしくないスープだなと感じるかたわら、部分的に見ればラー油の爽やかさはフルルらしいなと思ったり(笑)

麺はこちらの定番のもので中細ストレート、今までのスープの中で担々麺が一番合うのではないかと思える具合でしたね。
店構えとは裏腹に、相変わらず量もしっかりあって満足な麺でした。

具は、細切れチャーシュー・メンマ・かいわれ大根・バジル・鶏挽き肉。
器真ん中の山がチャーシューとメンマとかいわれ大根な訳ですが、肉味噌を使わないで細切れチャーシューで合わせてくるところはらしいですね。
メンマとかいわれ大根はいつも通りですが、かいわれ大根の香りが後半スープに入ってくるとなかなか面白い味になりました。担々麺にかいわれ大根かぁ、悪くない…。
バジルは二枚、これがイタリアンと言うところなのか。意外な程に味は合っていましたがスープに香りが入る程の量でもないし一口で終わってしまうし…、どうせならもっと入っていて欲しかった。
鶏挽き肉はこちらの定番で大体のメニューの麺下からわいて出て来ます(笑)これが担々麺では今までに無くドンピシャで、ラー油の具と合わせて最後に食べられるのが凄く良かったです。

味を総合して…
『フルルの中でも際立って濃密な味わい、あまりイタリアンな感じはしないけどそれが何だと思わざるを得ない美味しさ!』
だと思いました!(笑)

いやほんと、プチイタリアン(笑)
そして良い意味でフルルっぽくなく、食べてゆくとフルルらしさも随所に発見出来たり。
フルルフリークな方々は既に経験済みだと思いますが、フルルちょっといいなぁとか担々麺最近好きだなぁとかって方には是非食べて欲しいオリジナリティある美味しさでしたね。
フルルが好きでまだ食べていないとしたら…必食ですよ!?

御馳走様でした!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

コメント

まだコメントがありません。