なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば 600円」@中華そば さとうの写真2019 3土曜 12:56

【シンプル】

ずっと気になっていた「中華そば さとう」さんにようやくお邪魔する事ができた。
品川駅から京急本線特快で羽田空港方面へ。
京急蒲田で各駅停車に乗換て、穴守稲荷駅で下車。
遠いと思っていたが、意外に予定より早く着いた。

出入口は一箇所。線路を渡り反対側。
下町情緒が残る商店街を抜け到着。

店舗もひっそりと佇み庶民的で待ちはない。
入店しますと、先客は6名。
カウンターのみの11席の店内。
スッキリした清潔なカウンターにはシンプルに割り箸と胡椒があるのみ。
ご夫婦でしょうか?男女2人で営業です。

券売機がなく、手書きのメニューには中華そばのみ。
盛りは中、大、特。
玉子、メンマ、チャーシューの乗せ物。
サイドはカレーライスと半カレーライス。
飲み物は缶ビール、缶ウーロンハイ。
気持ちよいほどシンプルなのが好印象。

シンプルに中華そばのみをお願いした。
代金を女将さんに支払い、
程なく中華そばが到着した。

スープは、鶏ガラベースに煮干や鰹が仄かに香る。
優しくて上品な薄味の淡麗。
反面?少し物足りなさを感じてしまうのだが、
ほのぼのした懐かしい深い味わいだ。
透き通った塩を思わせる塩梅の良いタレは、ジンワリと醤油のいい風味がする。塩じゃない。

麺は、縮れを伴う細麺。
店内には謹製丸山製麺の表札がある。
加水率は中位のしなやかな舌触りとモチシコした歯応え。
昔ながらの中華そばの印象で、縮れ麺がスープに絡み、啜り心地が良い。

チャーシューは、肩ロースが1枚。
歯応えを残した適度の柔らかさで美味しい。
甘辛のメンマは良いアクセント、薬味は長ネギです。

スープを少し残し美味しく完食。

帰り際に欧米系の観光客の?外人さん3人が来店。
大丈夫かな?と心配していると、
何と?驚いた事に!
流暢な英語で自らメニューを説明しはじめる職人気質風の?ご店主。
こちらは外国人の観光名所になっているのでしょうかね?

◆ハッスルの佐野らーめん図鑑
http://www.hashurukage.pw/

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

ハロー!
旨味溶け出してそうな色合い。
ナイスビジュアル。
ロープライスもベリーグッド!

高校の英語の先生に学校始まって以来1番英語が出来ないと言われました。

あらチャン | 2019年3月30日 21:25

グッドアフタヌーン?
下町情緒がのこるゆったりした店内で食べる
ほのぼのした中華そばでした。
英語がペラペラでビックリしました。
何でも一番はよいことです。

ハッスル | 2019年3月31日 16:52