なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーシューワンタンメン…1050円」@味の大西 本店の写真2019.4.20昼4 神奈川県西部のご当地ラーメン【小田原系ラーメン】の始祖。元は肉屋を営んでいた故のスタイルらしいが、思い返せば同店が面する県道75号線沿いには精肉店が多い。但し、それと同品のとんでもない肉の量とが直接結び付く訳ではないが。

同県東部・横浜市のご当地【家系ラーメン】と同じく、スープを構成する主軸は豚骨と醤油の二本柱。しかしこちらは清湯で、色合いの割には醤油カドはほぼ無く、加えて不思議な事に白湯と負けないくらい豚骨の風味が強い。

東北~北関東の手打麺文化圏を想起させる、室伏製麺所謹製のピロピロとした口当たりの麺は私好み。

腕とバラを均等に混ぜて乗せてくれたチャーシューは、これでもかという爆盛りっぷり。その上、餃子並に餡が詰まった【ワンタン】と呼ぶには巨大過ぎる代物も4つほど入る。

一般的な成人男性ならコレ一杯で1日持つんじゃなかろうか…コレで1050円ってのはお得過ぎるにも程がある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。