なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏SOBA 880円」@Ginza Noodles むぎとオリーブの写真2019 5土曜 11:10

【銀座ヌードル】

銀座駅から歩いてやってくるとオープン中の看板?
待ちはないが、店内には数名?
「Ginza Noodles むぎとオリーブ」さんにお邪魔した。
開店は11:30の情報だが、準備が出来ると早く開けるらしい。

店構えは一見は地中海風の?オシャレな雰囲気でラーメン店には見えない?
入店しますと、既に先客は10名位。
バーのような落ち着いた店内は、カウンターのみ15席。
男女4人で営業です。

メニューは、汁系は鶏SOBA、蛤SOBA、鶏・煮干・蛤のトリプルSOBAの3本柱。
濃厚卵のまぜSOBA、鶏と蛤の濃厚つけ麺も人気。
券売機で決めていた鶏SOBAを選択。

程なく到着。

スープは、鳥取県産大山地鶏100%をジックリと炊き上げ旨味を抽出。
濃口の醤油ダレは、埼玉、群馬、香川など数種類の生醤油をブレンド。
生醤油独特のストレートな風味が強くキレがあるが、しょっぱさはなく鶏の豊潤な旨味と調和している。
大山地鶏の鶏油が表面に浮かび、円やかで深みのある味わいにする。

麺は、細目のストレート。
京都の老舗、麺屋棣鄂との共同開発のオリジナルの麺。
粉の風味を漂わせる麺は、表面はモッチリした歯応えがあるが、歯切れがよく加水率は中~低位か?
しなやかなシナリを感じる美味しい麺だ。

チャーシューは、豚肩ロース2枚と鶏むね肉2枚。
レアの肩ロースは厚みもあるが柔らかいローストポークのような味わい。
低温調理の鶏むね肉は柔らかな一品。
何よりデフォで4枚乗るのが嬉しい。

オリーブオイルで素揚げされた拍子木切りの長芋が2本、結んだナルト、海苔の具沢山。
風味の良い鶏節が振り掛けられたひと工夫が人気を物語る。
薬味は、三つ葉と微塵切りの長ネギです。

後半、卓上のオリーブ油を入れて完食。
サッパリとした洋風の上品な味になる。


店主はフレンチ出身。
丁寧な調理と拘り抜いたおもてなし。
具沢山で目でも楽しめる。
洋食で培ったセンスと技が窺わる満足の一杯だった。

◆ハッスルの佐野らーめん図鑑
http://www.hashurukage.pw/

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは
店主さんはフレンチ出身ですか。
だから少し独特何ですね。
あの結んだのはナルトでしたか。
山芋も美味いですよね。
外国の方がドキドながら楽しめそうな食材がいっぱいです。

あらチャン | 2019年5月19日 13:10

あらチャンさん
ありがとうございます
独特の具材ですが、基本は確りオーソドックスな鶏と醤油でしょうか。
オリーブオイルが合うのが意外でした。

ハッスル | 2019年5月19日 16:52