なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「濃魚つけめん・醤油・大盛(780円)」@オリオン食堂の写真麺処 まるよし商店』で食べた後、時間をおいて駅近のもう一つのBM店舗を目指すも臨時休業。(調べてみたら営業時間が短縮されていたよう。)

この時点で15時近くになっていたので、桜台の3大行列店は1つのみで終了。

近くのBM店舗を狙いつつ、腹ごなしで歩く事にする。

いつの間にか無意識に池袋を目指していることに気付き、その途中にあったこちらを目指す。

こちら数年前からのBM店舗。

お店に着いた時間が15:55。こういう時通し営業は助かります。

開き戸を開けると真正面に券売機。

暑い日だった為、つけ麺を欲していたのとこちらの一押しが掲題のモノだったため、丁度良かった。

時間が時間だけに先客1名。店員さんは1名。

奥の方に引っ込んでいたけど、チケットを渡すために呼んで手渡しする。

麺量は並盛、大盛、倍盛と同料金のよう。大盛でお願いする。

10分弱でモノが完成。

まずはつけダレから。

つけダレはかなり強めの粘度がある豚骨魚介。

初動の甘味が強め。醤油感はさほど強くないが、塩分はかなり強い。

サバのペーストが混ぜられているようで、まだまだ食感の残ったフレーク状のサバの身が感じられる。

そのサバの身の為、ただでさえドロドロのつけダレの粘度がさらに上がっている。

ただ、サバの旨みはさほどつけダレに影響は及ぼしていないようだ。

続いて麺。

麺は太麺ストレート。茹で加減普通。

常温で麺が〆られており、温度感は悪くない。

ただ、この日は暑い日だったので、もう少し冷たい麺が良かったかな。

つけダレの濃度が強いので、絡みは上々。

具材。

つけダレ側には何も入っていない。

麺の上にチャーシュー、メンマ、味玉、のり、さくらえびのフレーク。

チャーシューはいわゆる二郎とかに出てきそうなバラロールチャーシュー。

塩分強めで、脂分も多く個人的には好み。

メンマは材木型。

ダシを含ませてゴマ油でコーティングしたもの。これは既製品ですね。

既製品で一番出回っているヤツ。

味玉も塩分強め。

サクラエビのフレークは卓上の味変グッズの中に海老油というのがあって、それを取った残り。

お店側にとってはうまく活用した感じだけど、お客側からするとお得感は感じないかな。



詳しくは言えないけど、つけダレの作り方もたいして手は掛かっていないだろう。

具材も精度がイマイチ。

ここ最近評判を聞かなかったのはこういう事かと納得。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。