なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「冷し中華 小林アイススペシャル」@ラーメン荘 夢を語れ Yume Wo Katare Tokyoの写真とまそんのブログ: https://www.ramentabete.com/entry/2019/06/18/000000
とまそんのYouTube: https://youtu.be/S6HmErpULvo

<夢を忘れてしまったオレ・・・久しぶりにこのブランド「夢を語れ」>

 それにしても客層がオレ以外全員学生~!学食的気楽さが店内を包み込んでます。それもそのはず、東洋大学が近いですからねー。食欲旺盛な若者ばかりで、オレ完全に浮いとるがな!。こんな状況で「麺半分」「麺少な目」など・・・恥ずかしさを覚えるではないか!。いや、これは男の意地だ。オッサン、ジジイと言われても、牙を抜かれたわけじゃないぜ!。大盛は無理としても、デフォルト盛りで堂々と対峙させていただきましょう!。それはこんな麺顔でやってきました。


 

<全体> 辛ねぎ!豚!ワイルド感ありつつも・・・平皿盛り付けで冷やし中華的風貌!

 おおお!二郎系冷やしとしては、Jインスパイアのゴツゴツさ!ワイルドさ!を保ちながら、一般的冷やし中華的なニュアンスも感じる一品ですな!。器が平皿になると盛り上がりが慣らされるためか、やや大人しく見えるような感覚です。しかし豚肉の固まりを見るとやっぱりガッツリソウルフル!。醤油ダレの浸透も深い上に、脂身のギトギト感も深い褐色に見えてパンチを感じます。嬉しいのはキュウリでは無く「辛ねぎ」がトッピングされているところ。以前、辛ねぎラーメンを追い求めるほど好きなアイテムでして、これは興奮しますねー。

 ちなみに「辛ねぎ」活動は、以下の通りにまとめてあります。暇があればご参考まで。
 【厳選】東京都内でさらっと「辛ネギラーメン」を食う!そんな10選!+α
   https://www.ramentabete.com/entry/2017/12/26/082052




<タレ> しっかり酸味に脂の甘味!醤油のエッジングに辛ねぎ薬味が溶けて食欲刺激!

 タレがいいね!。しっかりとオリジナルの豚骨醤油感を出しています。ラーメンをそのまま冷やした感があって馴染みやすい上に、ニンニクの味響きがストレートに分かりやすいタレ仕立てですので、これは実に食べやすいし、分かりやすい旨さ!。そしてしっかりと酸味はこの上に効かされているという感覚です。割としっかりと醤油感が強いのね・・・。豚骨エキスは冷やすと固まるので、少々削げ落とされた感じもするのですが、その分追加で脂を乗せますから、ギトギト脂感は全く衰えておりません。


 そう!追加の脂が結構ヘビーかも。オレもジジイになったと思えるのは「脂を分解するのに体力と時間がかかる」ということ。隣の学生さんなんか、飲み込むようにドロドロじゅるじゅると脂を啜っているのに、それだけは真似ができぬ(苦笑)。


 また辛ネギの旨さが、計算通りですね!。これなら追加しておけば良かったと思うほどですが、あとあと考えるとボリュームセーブしといてよかったわ。辛ねぎなのに、葱の甘味すら感じる旨さ。そして辣油がタレの酸味と非常にマッチした上に、脂ともマッチ。脂×油という図式で一層ヘビーなのですが、この時は頭を過らずに嬉しがってガツガツ食ってました。




<味変> こうなったら辣油追加で食欲を加速!実に酸味と円やかさに合う!

 辛ネギの旨さに気分を良くしたオレはアホだった・・・。今更ネギ追加もできないので、カウンターにあった辣油ボトルをたらたらと回しかけました~。これが刺激少な目な辣油だったから、すっかり調子にのってしまった・・・・。まぁより旨く感じたから結果オーライなんですが、あとあと胃が重くて重くて・・・・コンビニで胃薬を買ってまいました(笑)。




<麺> 自家製麺:実はかなりボリューミー!程よく明るいモチモチ歯応えとプツプツ千切れる食べやすさ!

 麺箱から取り出された麺は、深い灰褐色でいかにも二郎インスパイアって感じがする見栄え。目分量でバサバサと茹で釜に入れられてるようで、ご店主表情は厳しく、きっちり感覚で計っている感じです。茹で上がって流水で締められた麺は、割とスマートな平型フォルムで、捩れは少なくボコつきも少な目。太麺でも軽く啜れそうな滑らかさすら感じます。


 二郎系の冷やしでは、ガッチガチ!ヌッチヌチ!に引き締められた剛麺も多い中、こちらは余裕感じる歯応え感で、モチモチっとした明るい反発があります。そしてワシワシと感じさせることなく、プツプツと小気味よく切れ込むので非常に食べやすい感覚。これなら楽勝と完食を一気に目指します。


 ところが平皿だったから分かりにくかったが・・・結構多かった!。体調にもよるのだが、この日の自分的腹回りでは300g弱かと!。辣油と脂でオイリーにしてしまったから、それだけでも胃袋の負担にかかるのだった・・・。もっと己の年齢を知れよと、自分で自分を嗤うけど・・・時すでに遅し!。




<ヤサイ> ヤサイはクタり気味のモヤシ100%、生姜がナチュラルな清涼感を醸し出すのだ!

 よく今回は・・・・ヤサイマシをしなくて良かったと思いました。右隣のヤサイマシの量を見て、正直ビビりました。やっぱりオレはジロリアンになり切れんな・・・・。少々クタっとしたモヤシですが、熱々でもなくとてお食べやすかったのが印象的。それほど山盛りでもないし、平皿で天地返しかったので、ほとんど麺とかき混ぜて食い切りました。これには生姜の千切りがトッピングされており、それが実に清涼感をプラスしたイメージ。ジリジリとするところもなく、おとなしいめの生姜でナイスでした。




<豚> 久しぶりに二郎系ソウルフルなハードな嚙応え!醤油も滲んだ脂もトロトロ〜

 最近、この系統の豚って全体的に柔らかい傾向のものばかりを食ってきたようで、久しぶりにハードさを体感です。ある程度固さがある豚肉・・・これを噛みちぎる度に自分に野生を感じてしまいます。肉食ってこそ男ぞ!。肉を食い切ってこそ男前でございます。肉身と脂身の境目で妙に手こずりましたが、ライオンになった気分でガッツリと完食。


 全体的に醤油感が効いてて実に好みでした。肉もさることながら脂身が染まるところに美しさすら感じます。噛むとトロっと溶けてゆく感じで、脂が舌に溶けて滑って甘さを広げます。まさに脂身が甘露な味わい。醤油の塩気が効いているのに甘く感じる妙がオモロイですな。しかし気が付いたら・・・・オレの胃袋は脂で一杯であったのだった・・・・うう苦しい。




 総じまして「食ってワイルド!味わい円やか!ガッツリ豚骨醤油映える冷やし中華!」と言う感想。若い人たちばかりにに囲まれて、冒頭は場違い感ありありでしたが、食い切ったころには妙な連帯感あり。椅子を引いて先に退店する若者にスペースを作って譲ったら、しっかりとありがとうございます!と気持ちよく返答された~・・・今の若者すばらしいかもしんない!。すっかり若さに刺激されて暴食に走ったが、今回は気持ち良い打ちのめされ感・・・。そんな痛快な気分のまま、とっとと最後に詠って、いつものように締めたいと思います!。



   無理をして
   なぜか張り合う
   食欲に



   寄る歳波か
   腹パン悶絶



 お粗末!と言うことで家族にも感謝しながら合掌!!今日も本当にごちそうさまでした!!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

一乗寺発祥の系列、
行かねばと思い中々行けてませんが、
近々初訪します。

二三郎 | 2019年6月18日 07:23

おはようございます☆

場所的に学生さんが多い所ですよね。
コチラもぱっと見温かい汁無しに見えます。
コレが完食出来るならまだまだ若いですよー!
Jインスパの冷やしは未食なのでいただいてみたいです。

ノブ(復活) | 2019年6月18日 07:32

どもです。
量が少なければ食べてみたい1杯(^^)
辛ネギと生姜が良いですね😁

ラーするガッチャマン | 2019年6月18日 07:35

おはようございます
とまそんさん 学生と張り合っても(^▽^;)
それにしても良くお食べになりますね。
この量はちょっときつそう💦

mocopapa(お疲れ気味) | 2019年6月18日 09:21