なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「梅セット +春巻き:クーポン券」@梅蘭 金閣の写真8月某日、昼、本日は有休を取って我が社の爺やと昨年に続き、「あずさ」に乗ってハマスタ観戦~東京へのオヤジ珍道中の初日。流石に横浜は信州と比べられん程メチャ暑いわ。そんな中、恒例となった横浜中華街での昼メシに突撃したのはこちらの店。

横浜中華街と言えば、私的に外せないのは「梅蘭焼きそば」であるので、未食と言う爺やに食わせてやりたい。その「梅蘭焼きそば」と言えば「梅蘭」であるが、今回は横浜中華街にある4店舗のうち、未訪のこちらに突撃してみる。

12:55着、先客10名以上、二人してテーブル席に着座、後客8名。取りあえずメニュー表(メニュー写真)検討、ここは折角なのでチョイと奮発して「梅蘭焼きそば」がセットとなる‘梅セット’(1800円税込)でイッテみる。注文時、「ホット〇ッパー」の「点心一品サービス」クーポンで「春巻き」もオーダーする。

因みに「梅蘭」は「梅蘭焼きそば」元祖の「梅蘭新館」系と本家「梅蘭」系があるが、こちらは前者のグループ店である。中華街にある4店舗のうち、おそらく一番新しい店なので、店内は一番すっきりとしている。待つ事5分、先に「春巻き」が到着、その後、セットが来る様子が無いので食う。その後5分ほどして「梅セット」が着丼。

ビジュアルは、梅蘭焼きそば、蒸し点心の盛り合わせ(ギョーザ、シュウマイ、小籠包2種)、フカヒレスープがセットとなっている。(マンゴープリンは食後の模様) 

早速、梅蘭焼きそばの麺を箸でこじ開けてから中の具材の餡を絡めてイク。具材は豚肉、モヤシ、タマネギ、ニラを炒めてオイスターソース主体の味付けをし、甘辛で緩めの片栗餡で包んだもの。塩味がやや強めで、炒め油がチョイとオイリーであるが、私的にはむしろウェルカム。豚肉や野菜類の旨味が餡に包まれていて実に美味いのだ。これが麺の外周を焼き固めてある玉子の部分が絡まると、「玉子焼き」のテイストのカリカリとした麺の香ばしさと豚肉や野菜類の旨味が口内で一体化、これが「梅蘭焼きそば」の極意の美味さが炸裂する。実に美味いのである。

麺は中華鍋の底の湾曲をひっくり返したような形のままの中華麺の焼き麺。外がカリカリに焼かれ、外周を玉子焼きでコーティングされている。見た目こそシンプルであるが、カリカリの香ばしさと玉子焼きのマイルドな美味さが、具材と絡むと「梅蘭焼きそば」ならでの旨味が発揮される。実に美味い焼き麺である。

具の豚肉はバラ肉の薄切り、柔らかく餡かけの餡と絡んで豚肉の旨味が味わえる。モヤシはしんなりシャクシャク、こちらも餡と絡んで美味いのである。タマネギは甘味があって美味い。ニラは少なめ。これらの一体化した餡かけが実に美味いのである。

セットの点心は何れも挽き肉の餡が詰まっていて美味い。四種の違った蒸し点心が味わえてお得。先に食った春巻きも付随のケチャップを浸けて食うとカリカリで美味かった。ふかひれスープはカニ肉も入った塩ベースのスープ。あっさり目で美味い。食後に供されたマンゴープリンも濃厚なマンゴーのフルーティーなテイストを楽しめて美味かった。

もちろん全て完食。中華街にある唯一未訪であったこちらの「梅蘭」での「梅セット」。それは名物「梅蘭焼きそば」と四点の点心盛り合わせ、ふかひれスープ、マンゴープリンがセットになったなかなかお得な一品。メインの「梅蘭焼きそば」は例によってシンプルな見た目とは違ってカリカリの焼き麺と餡かけ具材が実に美味く、セットの品々も美味かった。これで横浜中華街にある「梅蘭」は全店制覇、こちらの「梅蘭焼きそば」も実に美味かった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。