なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨醤油」@きまぐれ八兵衛の写真9月某日、本日は朝イチでまたまた諏訪のゲンバでの軽肉体労働、その後は豊科のディラーで営業車の定期点検。終了後、松本のゲンバに向かう途中のチョイと遅めの昼ラーに突撃したのはこちらの店。

信州を代表する豚骨ラーメンの雄にして、中信地区にある「きまはちグループ」の総本店。本場博多に劣る事の無い濃厚な豚骨ラーメンを始め、あっさり系の中華そばや味噌、G系のラーメン類などなかなか多彩なメニューを揃えているのもイイ。

14:10着、先客3名、カウンター席に着座、後客9名。早速、メニュー表検討、軽く悩み、いつもの豚骨も捨てがたいが、最近チョイと家系付いているので、久しぶりに“豚骨醤油”(740円税込)でイッテみる。ベスト体重維持のため、今回は「大盛り」は回避する。そして待つ事5分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー、メンマ、ノリ2枚、刻みネギが、濃厚そうな豚骨醤油スープに乗っている。

スープから。適度な豚骨クササを残しつつ、豚の旨味もしっかりと凝縮したスープにはしっかりとした炊き出し感がふり、豚骨の重量感を感じる。実にイイのである。合わせられた醤油のカエシの塩分濃度はやや高めで、輪郭のある醤油感が味わえるが、その醤油感を凌駕する豚骨感が前面に出ているのがまたイイ。イメージとしてはこちらの本白味の醤油ダレをググっと濃くした感じで、豚骨大好き「豚野郎」としては打ち震えるほどの豚豚感が味わる。豚骨の旨味が強めに出た家系インスパの豚骨醤油スープのテイストである。実に美味い豚骨醤油スープである。

麺は断面四角のゆるいウェーブのかかった太麺。勿論、店舗併設の「きまはち製麺」での自家製麺で、茹で加減硬めが良く、ゴワモチとした食感が実にイイ。濃厚な豚骨醤油スープにも負けていない。実に美味い麺である。

具のチャーシューは豚バラチャーシューで柔らかく、好みの脂身がトロトロ、薄醤油の香る味付けで豚肉の旨味が味わえる。メンマは細がきでコリコリの食感が実にイイ。味付けも醤油の香る煮付け感が味わえて美味いのである。ノリは磯風味あり。刻みネギは多めにあるのでしっかりとした薬味感あり。

スープ完飲。安曇野のディーラーでの営業車定期点検の後の昼ラーに突撃したこちらの店での「豚骨醤油」。それは久しぶりに食ったが、「きまはち」らしい濃厚な豚骨感を前面に押し出した「きまはち流家系ラーメン」のテイストは健全にして全開。豚骨のクセと旨味を家系豚骨醤油にぶち込んだ感のある豚々しい豚骨のテイストが味わえて実に美味かった。こちらの「豚骨醤油」、タダモノでは無い、、、

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 68件

コメント

チャーチル・クロコダイルさん、こんにちは。

お、安曇野のお気に入りのお店ですね。
この信州風にアレンジされた家系ラーメンは気になります。
ご飯にもしっかり合いそうですね~。

ぬこ@横浜 | 2019年9月16日 09:26

ぬこ@横浜さん、コメントありがとうございます。

こちらの店、豚骨大好き「豚野郎」としては充分に満足出来る店です。
今回の一杯、久しぶりに食いましたが、装備は違えど「弩豚骨家系」のテイスト満載で
美味かったですね。私的にはご飯はいらないですけど、、、

チャーチル・クロコダイル | 2019年9月17日 09:17