なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

12:00少し前に訪問。先客後客共に5名程。店内は狭く、L字型カウンターとテーブル席が設けられている。簡素な内装だがキッチリと清潔にされており、居心地は悪くない。男女各1名による切り盛りで、接客は非常に良好。

燕三条系という本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、醤油の色目が中庸に出ており濁りを帯びている。表層を多めの背油が覆う。
飲んでみると、煮干の風味旨みがしっかりと主張。物足りなさは全く無いものの、苦味、えぐみといった要素はキッチリと抑えられており、多くの人に受け入れられそうな味わいに仕上げられている。
一方、動物系のコク、旨みは十分以上にベースを支えており、味の厚みに文句無し。勿論、背脂の甘み、コッテリ感も大きな役割を果たしているが、過度の重さが無いのは有難いところだ。
醤油ダレは適度に強めに立っており、過度のトガりは無いものの、最後まで飽きの来ないキレを生み出している。

麺は、軽いうねりを有する平打ち中太麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&モッチリ食感と、噛み切る際の潔い破断感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。良い麺だと思う。スープとの相性も良好。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹感が得られた。

具として、チャーシューは、薄く細長いバラ肉が3枚。トロトロに柔らかく、適度な味付けで非常に美味。
味玉は、黄味ネットリの仕上がり。塩気がやや強めだが、まずまずの旨さ。
穂先メンマは、太いものが1本。上質感は今一つだが、良い箸休め。
刻み玉葱は大きめに刻まれており、風味と食感の両面で非常に良い役割を果たしている。

力強くもバランスの良い味わいに仕上げられた燕三条系ラーメンを、大いに楽しむ事が出来た。立地的に、繁華街の外れにあるのがちょっと気掛かりだが、末永い営業を願いたくなる一店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。