なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「白まろ拉麺(塩味)」@和風とんこつ らーめん 一力屋の写真 「休日出社&完徹」で始まった今週、週末まで働き抜きましたがヘロヘロ状態。こいつぁもう酒かラーメンですが……やっぱ一発「トンコツ注入」でしょう。という訳で、浅草「一力屋」へ(27日)。
 なんでも、千葉・勝田台からトンコツ一本で浅草に殴り込んだというこのお店。現地に着きますと、なんとラーメン屋が3軒並んでる……向かって左が「紅焼牛肉麺……」右が「喜多方ラーメン 坂内 浅草店」ですが、なんとも凄いところに「殴り込み」ましたな。
 店にはいると先客ゼロ、厨房からご主人が出てきて、メニューについて丁寧に説明して下さいます。しかし、実はお目当ては決定済み。勝田台時代にイチオシだったと噂の、「白まろ拉麺(塩味)」(650円)と「味玉」(100円)。
 テーブル席について店内を見渡すと、すぐ左手にデッカイ浄水器。能書きもありますが、かなり凝ったミネラル水を使っているようです。とかく墨田区・台東区あたりは「水がイマイチ」との噂で、これはうれしい配慮。丼は約5分で到着。
 ではスープを一口……おぉ、まるでポタージュスープのような口あたり、マイルドな豚骨が前面ですが、濃厚な鶏スープが合わさり、さらに塩とバランスした鶏・魚介の旨みが力強く感じられて、これで無化調とは到底信じられない。重みのある豚骨のコク、軽やかな鶏・野菜の味わい、互いを損ねることなく、むしろ互いを高め合うことで到達した、味の「臨界」。稀に見る美味しさです。
 麺は中細ストレート、ゆで加減硬めでコシがあり、加水率のせいかモチモチ感も併せ持つ、相当な一品。敢えて博多系の極細麺を避け、しっかりした麺でこのスープを受け止めようという目論見は、見事に成功しています。味玉は、黄身の甘みをキレイに彩る塩加減。脂身トロトロのバラロール・チャーシューも控えめな味付けながら、全体のバランスにうまく馴染んでいます。
 気付けば、「おんごろやらーめん・高菜らーめん」以来の「トンコツ完飲罪」!!さっそく、ご主人にお話を聞こうと思いましたが……ラ系学生の団体が入店したため、営業時間・定休を聞いたところで時間切れ。しかし、必ず再訪しますぞ……ここの「白」、お薦めの一品です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。