なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「黒豚ラーメン(¥700+大盛り¥160)」@金田家 さくら亭の写真<<<<<<<< R2制覇シリーズ 其の28 >>>>>>>>
新規開店されて直ぐくらいに一度訪問し、「旨い、けど濃過ぎる・・。」と一度きり・・。
単に「濃い・薄い」では無く、大阪では珍しい「味」の印象ですので、もう一度確認してみます。
 この日、平日のお昼11:30頃入店。どうも私がトップの様です。(前訪時はもっと多かった)
後客に近隣会社員風1名が来られましたが、12時~からが勝負ですしょうか。
この時、店員さんは男女1名。開業時は無駄に6~7名いた人数を想うと、随分スリムになった様子。
注文は、ご自慢の「黒豚」を使ったと云う「とんこつ」、替え玉コールが面倒なので、
1.5玉と少ないけど「大盛り」で。その代わりチャーシュー1枚増量されます。


 後、聞かれる麺固さには「カタめ」でお願い。前訪時は「バリカタ」くらいが合いそうとも思ってましたが・・。 
メニュー構成は「1種の豚骨スープにネギやら辛味噌追加載せ物」ですので、大抵の人は、このノーマルタイプを注文されるでしょう。
って言うか、この平日の昼時であればご飯やおにぎり等のセット物が有りますので、そちらが主力かとも思われます。
ファーストロットの為か?スープの温めに時間が掛った様で10分弱で供された写真の一杯、



           相変わらず・・・、な、すんごい泡立ちのエスプレッソスープ。


 「泡」が偉いのかどうかは、何とも言えませんが、濃厚さの象徴と受け取るなれば、有難いとも言えそうです・・・。
長時間煮込みの「高濃縮粘度」だけではこんなに泡立たないんじゃない?とも思ったりもしますが。




===  麺  ===<豚骨定番ウェーブ細麺>

 所謂、この系統のスタンダードなあのタイプ。マットホワイトな肌色目が綺麗です。
特に、何をと言う事もない低加水細麺、

       「芯の渇き」が「固さ」になる、プツっと噛み込めば「あー豚骨の麺」

 っと思える。(時々私はこのタイプの麺が無性に欲しくなります。)

 敢えて言うなれば、「やや」柔らか目で「極細なカッチリ」とは違いますので、スープ濃度を思うと、
「バリカタ」でバランスが取れそう・・・とは思った。(初訪時に「バリカタ」替え玉を3回して旨そうに食う豪傑パパもおられた。)



=== スープ ===<確かに濃厚。で、遭遇しないタイプ>

 確か「金田家」って九州辺りの名店で、ここはその系統店なんですよね?・・。(開店フレ込みで見た)
やはり、特徴となるのは「トロみ」とか「濃厚」よりも、誰もがこの「「泡」」に目が行く筈で、それは確かに「クリーミィ」なのですが、
私の感覚は、何故か

              「ぽってり」とした濃さ・・・で「甘重濃い」


 と云う、「ぽってり」感。軽いザラみもある故、恐らく「まるでポタージュ」もハマりましょうか。
悪く言うつもりもなく、豚骨出汁由来のコク甘みに、それを「増幅」させた様な甘みが有り、


          醤油等の塩分由来のシャープ方向の味辛さはかなり希薄。


 「濃さに対峙するしょっぱい塩や醤油味」とは違う故、
ある種の健康感も感じちゃいますが(笑)、直感、私は「甘重濃い」・・となる訳です。
 
 濃厚豚骨出汁重み、漂う甘みを泡まみれで飲む、臭みやクセがどうこうじゃない「独特の重量感」は食べ手の好みを切り分けましょう。




===トッピング類===<チャーシュー、海苔、キクラゲ、ネギ>

 オーソドックスな顔ぶれの中、パっと見て特徴的なチャーシュー。
私には部位迄は判りませんが、赤ピンクな赤身部に「サシ」的な脂が混じり、少しだけ肉厚、そして外周が黒い。
正直、全くの私見では、その「赤黒さ」に見た瞬間「旨そう!」は無いのですが、現実の食べ味はトロける~迄言わず共、
「ホロホロ」としたかなりの柔らかさが特徴的で、デフォでは1枚しか入ってなく共、この一杯の「個性」を彩ります。

 その他トッピングに「特に」は有りませんが、たっぷりのキクラゲは嬉しく、「トンコツ食ってる」感を盛り上げてくれて私は好き。



=== 総  評 ===<この「泡スープ」の濃さと味への好み次第>

 スープ増量は有難いのですが、それをちょっぴり残して、お腹一杯。それは1.5玉の「麺量」では無く、「スープの重量感」からです。
やはりこの一杯は、スープ項に書いた、


             私見の、「甘重濃さ」


 がキモで有り、正直、私的にはその「甘重濃さ」で押して来るスープに対峙する、シンプルな「赤唐辛子」等が欲しくなった。
確かコショーはあったけどそれは無く・・。(確か、「てっぺい」って店も甘かったけど、そんな人工感とは違うから悩ましい)
ただ、この味も「ご飯と一緒に前提戦士」な人なら、「おかずになるスープ」としてかなりの印象違いを持たれるかも知れません。

 兎に角、「この泡」から想像出来る、「独特の濃厚&味付け」、豚骨好きな・濃厚好きな方は、一度体験して欲しい、
今、関西にある「濃厚豚骨」のどれとも違う食感・食味ですよ!。


 「又来るか」・・・・「多分いいえ。」・・いえ、特に嫌いではないのですが、どうも私は休日に濃いのんをあまり欲さ無い様で・・
又、初訪時に同伴した嫁が再訪を拒む上、子供は豚骨を嫌う・・故に私は、この採点の為、わざわざ大阪から帰って来たんですから(笑)。

 点数付けに当たっては、その甘み等に文句を言いつつ、特に「騙し」や「妙な」って訳では無く、その手合い好きな人向けに
勧めれる80~とはなる。しかし、どうしても私の嗜好にややそぐわない「甘重み味」を勘案して、間を取ったこの辺でお願い致します・・。








 御馳走様でした!。開店当初と変わらぬ個性ある甘重濃さ、早く地元に根付けて下さいね!。もし、これの「軽味」あったら好き!です。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

>「ご飯と一緒に前提戦士」な人なら、「おかずになるスープ」
=>なる・・・(ほど)。家系ちっくな濃厚さとも思えますね。

それにしても、昼専さんとアタクシは、豚骨については似た者同士かもしれまへんで。出汁で食わすアッサリ豚骨って実は好きとちゃいますか?「しぇからしか」はまた別系統なんですけどね・・・。という前提で、もう一度拝読仕れば・・・、

>すんごい泡立ちのエスプレッソスープ。
=>このくだり以降の再読感が随分と最初から違って感じられます。


それにしても・・・・西宮は変わってきましたね。こちらもそうですけど、インスパイア進出しかり、大勝軒移転しかりで・・・・元レンジャー部隊のお店の活躍が一段と目立ちそうです。

こんばんは~

コチラ、スープに手間をかけていそうな印象だったと記憶しております。
麺はちょっと負けていたような印象ですが、次回バリカタで再トライしてみます。
でもこの系統にしては結構イイお値段なんですよね…県内初登場の一蘭 宝塚店ほどではないですが。

立秋 | 2012年6月13日 23:53

こんにちは~。

なかなか良さそうやな、と読み進めると
>「又来るか」・・・・「多分いいえ。」
に笑いました。

>関西にある「濃厚豚骨」のどれとも違う食感・食味ですよ
う~ん、これは気になりますねぇ。追随するかもしれません。

SBT | 2012年6月14日 12:40

こんにちは

こちらのお店、西宮ラーメン街道スタンプラリー横断中に一度訪問したんですが、
ほぼ同じ感想でウンウンうなずきながらレビュー拝読しました。
そして最後の

>「又来るか」・・・・「多分いいえ。」・・
~ここも全く同じで重すぎて帰りの車中で少ししんどかったんですよね

豚骨でもオリジナル感あり過ぎで、本当に食べ手を選ぶ一杯ですね。

もんきち30 | 2012年6月14日 17:15

 今晩は。コメ等、いっつも遠くから有難うございます。とまそんさん。
>=>なる・・・(ほど)。家系ちっくな濃厚さとも思えますね。
~それ!、そう思われても仕方ない文なんですが、いえいえ、「味付け濃さ」がその系統とは全く違いました・・。
 出汁由来甘みを前に・・・って云う、ともすればその家系で言いたい「重濃い」じゃない、「甘重濃い」・・なんですよ・・。
>豚骨については似た者同士かもしれまへんで。出汁で食わすアッサリ豚骨って実は好きとちゃいますか?
>「しぇからしか」はまた別系統なんですけどね・・・。
~うぐっ!!、流石監査役!。ちゃっかり社員の嗜好を理解してらっしゃいますね~!(嬉)。
 仰る、「アッサリ豚骨」、レビ休止中に伺った、ラーメン好きからは相手にされない様な店(一二三みたいな味ネ)、
 何度も有ります・・。そして「しぇか」の件、それもその通り、「別」に存在する、「アレ」が入っていても私には直球店です。
 最後に報告、
>元レンジャー部隊のお店の活躍が一段と目立ちそうです。
~確かに、なんですが、相変わらず「空いてるのか混んでるのか解らない」、多分「限定」で左右される客入り・・な感を私は持ってます。
 (それを分析すると、いちいち「それを求めて来る客」が多い、「ここのアレが好き!と来る近隣客」・・後者がやや少ないのは将来・・。)

昼飯専門 | 2012年6月14日 21:20

 今晩は。コメ等、有難うございます。店舗登録、有難うございました、な立秋会長!。
>コチラ、スープに手間をかけていそうな印象だったと記憶しております。
~YES!、同じく!。
>麺はちょっと負けていたような印象ですが、次回バリカタで再トライしてみます。
~私が初訪時み見かけた幼い子とベビーカー、そして奥さんで静かに食べてらっしゃるご家族、
 パパが、多分この系統が好きな様で、「すんません、替え玉、バリカタで、」を3回・・何だか「好きなんですネ?。」
 と語りかけたくなる、素晴らしい豪傑なパパでした!(笑)。ホント、ウマそうに食べてはりました・・。

 でも、休止中に立秋さんが「登録・レビ」された時はホント、嬉しかったです・・。その時、「これで心おきなくヤメれるな・・。」
 とも思ったくらいです。(誰か行けへんか?って想ってましたんで・・。)

昼飯専門 | 2012年6月14日 21:31

 今晩は。まーいどです。SBTさん。
>>「又来るか」・・・・「多分いいえ。」 に笑いました
~ははっ!おおきに(笑)。・・最近ね、他サイトみたいに「ウマい、美味しい、是非是非!」
 な~んて、つまんないし、
 どうせ何回も削除されてる「傷モン」の私ですから、「本音」にかなり重点を置こうかと・・。
 ホント、想うんですが、私はラーメンが好きです・・が、「だからどれも美味い」なんて、美談ばかりでは面白くないな・・っと。
 褒めまくるのは幾らでも出来ますしね・・・。
 あと、この味、「クセが無いけど甘重濃い」・・何とも不思議な濃ゆさと思いました・・私は・・。

昼飯専門 | 2012年6月14日 21:37

 今晩は。コメ等おおきにです!。もんきち30さん!。
(タイムリーネタ、・・・実は「なんぷう」に先週フラれました・・。それは「水曜定休」を知らなかったからですが。
そして今日、又フラれたっ、て云うか、店の位置が解らない・・。区役所の前、裏も走ったのに・・(泣)もしかしたら今日も休み?かな?)
で、
>こちらのお店、西宮ラーメン街道スタンプラリー横断中に一度訪問したんですが、
~それは、語って欲しかったな・・・。自分は休止してても「見る」事はしてて、皆さんの採点を楽しみにしてたのに・・。
>ここも全く同じで重すぎて帰りの車中で少ししんどかったんですよね
~ここ、「同じく」!。食中は「お腹がユルくなる系か?」でしたが、実際には晩飯まで「モタレ残り」・・ でした・・。
 食中はモタれる様なオイリーとか、過ぎた何かは感じなかった故、「ユルくなる」をイメージしたんですが・・。

昼飯専門 | 2012年6月14日 21:44