なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「直火チャーシュー麺+ローストチャーシュー・白ごはん」@喜元門 水戸笠原店の写真5/11 17:40頃訪問

先輩に誘われ行先も言わず行こうというので
その行った先が田彦の屋内釣り堀店さんでした
去年頃から営業してるようです。
店内の別部屋にはネコカフェがあったり。

私は隣で先輩のつりの勇姿を見てました。
開始直後イキナリ40cmの鯉がつれたのですが
二時間の合計釣果は四匹程…(´・ω・`)ショボーン。

と、その帰りに喜元門に訪問しました。

前回は詳しい予習もなく行ってしまったので
今度こそは食べられるだろうとドキドキしながら券売機を見ると
ありました^^「直火チャシュー麺(780)」!、ポチッとな。

前回訪問時、白ごはん(130)にチャーシューが載ることも確認してたので
いつものローストチャーシュー(100)↓と共にチョイス。
( http://photozou.jp/photo/show/3068401/203860409 )
(先輩は私の注文とほぼ同じで、ローストポークが味玉の注文になってます。)

8分程で先に[直火焼きチャーシュー麺]が、
次に別皿で[ローストチャーシュー]と[味玉]
そして[白ごはん]が配膳されました。

直火焼きチャーシュー麺のトッピングは。
[チャーシューが四枚]と[角切りチャーシューが四個]に
[ロングなメンマ]に[ネギ]です。

スープをみると、あまり油が目立ちませんね。
( http://photozou.jp/photo/show/3068401/203860595 )
レンゲでスープの[表面]と[底]をすくって味見します。

表面の方が油が浮いてるので若干のコクを感じ
底を味わいは、醤油が若干たっています。
豚清湯として豚の臭みが無く、まことにスッキリとした味わいで

「喜元門としての豚清湯、こうきたか!?」

豚出汁でも鶏ベースのようなスッキリ感ができるのですね~。
(私は大丈夫でしたが、{味濃い目が好きな方}は物足りない可能性が有)

太さが若干不規則の、かるくちぢれた乱切り麺?。
(喜多方や佐野ぽい?)
麺をすするとスープを良く拾い、たまらないですね^Q^。

コノ主役は、スープを絡みながら食べる「麺」!でしょう。
私好みのやや固目で美味しいです。

こちらのメンマは柔らかくいつも安定してグッド。

チャーシューは直火焼き
中はもっちり噛みごたえがあり肉々しいですね。
まさに焼豚(チャーシュー)の漢字通りな!直火焼きタイプなのですが
本格的焼豚の場合、タレの味が肉の中まで沁みづらいようです。

それを補う食べ方の一つとして提案なんですが。

「「チャーシューをほうばっ(口に入れ)てから、
レンゲでスープを少し口に入れつつ、焼豚とスープとを同時に味わう」」

という「コンビネーション↑」をチョット薦めたいですね。

肉の旨みとスープが口の中でフュージョン(融合)して良いですよ(笑)。


こんなにスッキリと食べれるなら
こちら「直火チャシュー麺」の「塩ラーメンバージョン」とか食べてみたいし。

焼豚(チャーシュー)も脂が少な目で
スープもスッキリとして淡い味付けだったので
(コンソメのようなタイプで若干醤油がたったイメージ)

むしろ夏季なんかに{{冷やしラーメン}}として
イケちゃいそうな雰囲気だなとか…妄想が広がります(爆)。
(冷しだと脂固まっちゃうかな…)

白ごはんは炭火焼されたチャーシュー一枚載っており
別皿できましたローストチャーシューと共に美味しく戴きました。
( http://photozou.jp/photo/show/3068401/203860290 )

完飲完食です
ごちそうさまでした(-人-)。

食後の後味がとても良く、舌もスッキリなのが凄いな~^^ノ。

(課長さん感じなかったのです~)

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

どもです。
やっと食べれたね。
満足されたようで。
そういえば、食後にスッキリ感が有りますね。

ピップ | 2014年5月18日 18:58

こんばんは。
豚清湯は大好きです!
これは食べたい。

あらけん | 2014年5月18日 19:55

こんにちは。

豚清湯のチャーシュー麺、やっぱりこの醤油色が似合います。

glucose(しばし休止) | 2014年5月18日 23:00

ピップさん

ようやく食べられました。
前回、『豚清湯』が頭から離れなくて、
「直火焼きチャーシュー麺」のメニュー名が
すっかり抜け落ちていました(爆)。

スッキリとした味わいだと、つい塩で食べたくなります。

mizkuma | 2014年5月19日 16:14

あらけんさん

一○さんは、ジューシーな肩ロースチャーシューで、スープは豚のコクの深い味わい。

コチラは肉々しい歯ごたえの本格焼豚に、スープはキレキレスッキリ纏まった味わい。
と特長あって、味わいを思いだし考えてる(比較する)と
ついニヤニヤ(*´∀`)してしまいます。

mizkuma | 2014年5月19日 17:05

glucoseさん

その醤油スープが
麺に絡んだときの一体感がドンピシャでして
コリャ~たまらんのです。

mizkuma | 2014年5月19日 17:21