なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「本格広東チャーシューめん 880円」@らーめんだいにんぐ ひびきの写真日曜の18時過ぎに到着。知っている方も多いと思うが、渋谷にチャーリーハウスという清淡系スープの美味しいお店と聞いていたが、約7年前に閉店。ついに行くことができず、残念に思っていたところその系譜を継いでいるこちらのお店を知った。なかなか行くことの無いこの界隈であるが、この度来店。チャーリーハウスの頃の味と言われる掲題のメニューを選択。この時間来店客はまだ私だけであった。

出てきた一杯は細い麺と透明感のある醤油スープに個性的な色のチャーシューが特徴で、白い器とのコントラストがきれいである。スープを飲んでみると、しっかりとした味わい絵美味しい!鶏や豚からの動物系出汁が効いている。見た目に比べて濃い味である。サッパリ感もあって飽きない味に仕上がっていると思った。少し止まらない感覚になった。麺は細いストレート麺で、食べてみるとコシがしっかりしていて美味しい!以前からのラーメン店の系譜だと時々柔らかい仕様が時々あるが、こちらは違った。プツッと切れる食感が心地良い。スープと相俟ってシナジー感が出ていた。麺量は気持ち少なめである。具材は水菜・白髪ねぎ・細メンマ・糸唐辛子と別皿でチャーシュー・サラダ的な生野菜。水菜はスープに馴染んでGOOD。メンマは食感が素晴らしい!糸唐辛子もサッパリスープに存在感があった。白髪ねぎは量が少なく、正直存在が薄い。チャーシューはやや甘い味付けで、山椒・桂皮・八角等の香辛料の味がはっきりしている。これをスープに投入して食べてみると、肉からの旨みにスープの味が重なって美味しい。添えられている唐辛子味噌をつけてそのまま食べても美味しいチャーシューである。生野菜のドレッシングもオリジナルの味がして美味しかった。あっという間に食べてしまった。

何となくラーメンというより麺料理を食べたという印象が残った一杯で、サッパリ系のスープにしては味に輪郭があって美味しいと思った。麺もコシがしっかりしており、スープとシナジーして素晴らしい味わいであった。具材も一体感があり、チャーシューは香辛料の効いた個性的な味で美味しいことには違いないが、甘さが目立つことについては意見が分かれると思った。これもチャーリーハウスの系譜なのかもしれないが。それでも全体的な味わいから実力のあるお店だと思った。次回は同じものを大盛ができればそれで食べようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。