なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「ミニ特製ちゃんぽん」@伊万里ちゃんぽんの写真スープの素性を考えるに、豚骨だけではなく鶏も入っているのだろうか。旨味濃厚な素直な白湯スープは、円やかだが重さはまるで感じられない。
但し、上モノの旨味がスープと融合しているとは言い難い。特製にしたので、帆立、イカ、エビ、椎茸など旨味に自信ニキな具材を揃えていたが、ちゃんぽんの醍醐味である渾然一体感には貢献が認められない。スープを汚さない調理が狙いなのか。
とは言え、豊富な具の食感と味は、そのまま存分に楽しめる。直火で炒められた感がほぼゼロとは言え、弾力に優れた食感は、柔らかめなストレート中太ちゃんぽん麺と相性抜群。油分が控えめなためか、ボリュームの割に麺量の多さも気にならない。
ミニとは言え、麺150gの具が440gの大盤振る舞い。味が上品で変化の乏しさを感じたが、そのボリュームは申し分なく、食べる楽しさに溢れた一杯だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

どうもです。
自分は富士山を食べましたが、量より椎茸の強さに撃沈しそうになりました。
こちらは元井出ちゃんぽん伊万里店だったはず(井出ちゃんぽん本店の店主のお姉さんが店主だったような)なのに、別物のような気がします。

わた | 2015年10月12日 17:51

椎茸の味、濃過ぎましたね。
味の方向性が他のパーツとかなり異なりますので、苦手な人もいるかも知れません。

昔はここって、井出ちゃんぽんを名乗っていたと聞いていましたが、今では全く姿形が違う印象です。
暖簾を分けて時が流れ、少しずつ味の志向が変わっていったんでしょうか。
個人的には、もっと下世話な感じのちゃんぽんが好きなので、井出本流の方が好きっす。

Dr.KOTO | 2015年10月13日 15:22