なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「【限定10食】特製地鶏中華そば 850円」@特級鶏蕎麦 龍介の写真5月30日(月)夜に訪問。先待ち客6名、帰りの待ち客7名。

前回は4カ月振りでしたが、
今回は8日振りと早めな再訪。
前回がマーベラスな一杯でしたから。
今回こそは未食なデフォメニューを
食べようと思ったら、
魅惑的な限定メニューが..
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007541.html
限定10食なのに、
ボタンは点灯しているじゃ、あ~りませんか!
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007547.html
迷わず限定ボタンをポチッとな。
並びも穏やかで、ホッ..
店内は男性店員さん2名の体制..
と思ったら、浅野店主さんも登場。

到着から12分後に席へ案内。
若い女性客が多いのもこちらの特徴では?
店長さんとお客さんのやりとりを見ていると、
如何に常連客が多いのかが判ります。

おっと、常連のAさんの頼んだ餃子が凄いことに!
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007576.html
着席から8分後に着ラー。
回転が早いのもこちらの魅力です。

それではスープから。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007582.html
芳醇な鶏油のコクに旨味の強い生醤油の塩気と旨味、
活きの良い鶏の旨味が伸びて行きつつ、
昆布と妄想する旨味も相乗効果を発揮しながら、
更に伸びて行きます。
初動はちとオイリーかなと思いつつ、
芳醇な鶏油でクドクはないです。

生醤油は個性の強い醤油ですが、
鶏の出汁も負けることがなく、
更に生醤油の旨味が厚みを増しています。
鶏は、鳥取産の大山地鶏を使用とか。
飲む進める度にジンワリと旨味が感じられて、
これはレンゲが止まらんです。

次に麺を。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007586.html
麺はやや加水低げな平打ち中太麺。
ボイルはやや固めでジャスト。
ツルッとした麺肌ですが、
表面積の多さで出汁と油を拾い、
表層はわずかにモチッとして、
ちょっと熟成された小麦の凝結感も感じます。
麺の味わいも上等で、喉越しも良し。
これは美味しい麺ですね。
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー2種、キノコペースト、
味玉、メンマ、白ネギ、三つ葉です。
肩レアロースチャーシューは、柔らかで肉々しく。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007591.html
肉の旨味が溢れ出てきますね。

チャーシューの上に載せられた刻みキノコペーストは、
ブワァッと濃いキノコのフレーバーが広がります。
これは西洋の松茸、ポルチーニでは?と妄想します。

鶏ムネチャーシューとしっとりと柔らか。
味玉は黄身がドロリンチョ。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007598.html
もう少し半ゼリーがベストですが、
この値段で味玉が付くのは嬉しいかと。

材木メンマはシナコリ。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007608.html
材木ならもう少ししっかりとした食感が好きかも。
穂先メンマとの使い分けは?
白ネギの切り方が映えますね。
油をまとってコクがあり、シャッキと。
今回、三つ葉のハーブ感はあまり印象に無く..

いつもは残すことの多いスープですが、これは完飲完食。
http://s.ameblo.jp/ktr-12345678/image-12166166808-13661007613.html
今回の限定も美味しかったですね~。
実は職場が水戸の時よりも時間的に近いのが有難いです。
また、近いうちにお邪魔したいかと。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

コメント

まだコメントがありません。