なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
店名 麺や KICHŌMEN
住所 〒167-0052 東京都杉並区南荻窪1-22-12 野村ビル1F
電話番号 不明
営業時間 [平日] 11:45~14:00/18:00~21:00
[土・日] 11:30~14:30
[祝] 18:00~20:00
定休日 火曜
席数 7席(カウンターのみ)
喫煙 禁煙
最寄り駅
東京メトロ丸ノ内線『荻窪駅』(783m)
マップで周辺を見る
駐車場 駐車場なし
開店日 2015年12月17日
メニュー メニューの写真を見る

鶏こく麺680円
スペシャル全部のせ1000円
(大盛り無料、炭火焼きチャーシュー3枚、
炭火焼き三元豚チャーシュー2枚、味玉1コ、メンマ増量)

鶏こく麺680円
スペシャル全部のせ1000円
(大盛り無料、炭火焼きチャーシュー3枚、
炭火焼き三元豚チャーシュー2枚、味玉1コ、メンマ増量)
元に戻す

初レビュアー取材馬鹿”九龍”トリセツ論者(2015年12月19日)
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
81.128ポイント
レビュー件数 6
レビューユーザー数 5
平均点 90.000
総合順位 5,789位
スキ 2
30
100
このお店の今日の一杯(2016年2月6日)

12月17日オープン。荻窪駅から環八沿いに10分強、ちょっと駅からは離れた場所。店主は元サラ...

このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

麺や KICHŌMENのレビューピックアップ

「鶏こく麺」@麺や KICHŌMENの写真<だらしない私は几帳面を見習いたい>

 前夜の雪予報が少し外れて、すごく晴れ晴れとした週末の午前中。風はまだ冷たいのだけど、こうも天気がいいとどこか外へと出かけたくなります。家族が実家に用事があって帰省しているのもあって、フリーな身柄でしたのでここはてくてくと散歩でもしましょう・・・・と中央線の通過駅をあちこちと歩きました。その一環で、最近きになる「麺や KICHŌMEN 」... 続きを見る

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏こく麺 大盛り メンマ増量」@麺や KICHŌMENの写真また来てしまった KICHOMEN。 今日は鶏こく麺の大盛りにメンマ増量トッピング。

このメンマがまたうまい。太めのメンマに店主がじっくりと味を染み込ませた逸品。
細麺とスープのマッチングは大変良い。鶏チャーシューも店主が時間をかけて仕込んだもの。炭火の香りがしている。

今日もスープを飲み干してしまった。完全にはまった感があ... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

2016年7杯目、オープン以来、気になっていたお店ですが、営業時間など、詳細が
わからなかったこともあり、ようやく初訪です
滅多にオーダーすることのないスペシャル(炭火焼き鶏チャーシュー、炭火焼き
三元豚チャーシュー、味玉、メンマ増量)をオーダーしました
丁寧な仕事ぶりという巷の評判通り、店名の通りに几帳面さがうかがえるご主人
です
待つこと5分ほどで配膳です
トッピングは上記にネギが加わっています
スープはシャバ系鶏白湯ですが、スープ濃度と塩加減が絶妙でした
麺は加水率がやや高めの細... 続きを見る

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏こく麺680円+OPEN記念味玉サービス」@麺や KICHŌMENの写真【取材事項】
店主は脱ラサして独学でこの店を開業。
スープは国産鶏100%の鶏白湯で
長野より取り寄せた薄口醤油を使用。
製麺は三河屋製麺。
チャーシューはスープに煮込まず単体で仕込み、
一斗缶を使い炭火で焼いた後、タレに漬け込む本物志向。
また基本の「鶏こく麺」に付く鶏チャーシューは鶏む... 続きを見る

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88

「鶏こく麺680円」@麺や KICHŌMENの写真スッキリとして自然に広がる確かなコク、くどさがないので飲み易い、中細麺、鶏チャーシュー。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

麺や KICHŌMENのお店情報掲示板

夏季休業2017

8/8(火)~8/18(金)

2017年8月10日 15:42
【取材事項】

店主は脱ラサして独学でこの店を開業。
スープは国産鶏100%の鶏白湯で
長野より取り寄せた薄口醤油を使用。
製麺は三河屋製麺(「鶏こく麺」の麺量150g)。
チャーシューはスープに煮込まず単体で仕込み、
一斗缶を使い炭火で焼いた後、タレに漬け込む本物志向。
また基本の「鶏こく麺」に付く鶏チャーシューは鶏むね肉を、
「スペシャル全部のせ」に付く豚チャーシューは三元豚を使用。
(以上は取材および店内メニューより引用)