なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年5月17日の大崎裕史の今日の一杯

大阪府大阪市北区中津

昨年、「せたが屋」出身の店があると聞いて四日市の「そにどり」に行った時に「せたが屋」とは違うので聞いたら「そのあと大阪の「えぐち」に行って、味はそちらに近いです」とのことだった。あまりにもうまかったので久しぶりに「えぐち」も食べたいな、と思っていた。

先週も大阪に来ていたのだがその時のホテルが中津。そしてこの店の前を通って驚いたのだった。「いつの間に移転したんだろう?」しかし、私のアンテナも鈍くなっていた。移転ではなくて2号店だったのだ。しかも本店は「麺屋えぐち」、2号店は「麺処えぐち」。その違いすら気がつかないなんて。。。しかもこの店がオープンしてもう四年にもなる。(2015年4月27日オープン)

随分印象が違うな、と思って調べてみると本店と2号店は味を変えてるのだった。
「えぐち」は2軒とも全て国産原料、保存料無添加、旨味調味料無添加。
「麺屋えぐち」は滋賀淡海地鶏をメインに豚足や豚の背ガラなどを約8時間炊いた動物系スープと道南昆布・節類・イリコなどの一番だしと二番だしを合わせた魚介系スープのWスープ。
「麺処えぐち」は国産ゲンコツをメインに国産鶏のモミジと胴ガラなどを約10時間炊いた動物系スープと道南昆布・節類・イリコなどの一番だしと二番だしを合わせた魚介系スープのWスープという違い。鶏中心か豚中心かの違い。そして麺処えぐちの方はつけめんがメイン。
麺屋えぐちはカネジン食品、麺処えぐちは麺屋棣鄂。

店主は「カドヤ食堂」出身。(天神旗でも修業)そこでカドヤ食堂系譜をまとめてみた。

カドヤ食堂の系譜

■本家筋
カドヤ食堂本店
カドヤ食堂今福鶴見店
カドヤ食堂阪神梅田店
(味は店によってまったく違う)

■お弟子さん
麺屋えぐち
麺処えぐち(2号店)
 えぐち出身
 →麺や江陽軒(彦根)
 →麺屋そにどり(四日市)

中華そば うえまち
 うえまち出身
 →岸里らぁめん5

ついてる中山

らーめん颯人

きち蔵(焼鳥)←修業したのに焼鳥屋さんになってしまった。

■直接の弟子ではないが
鶴麺
tsurumen
→松の(焼鳥)

YAMATO(焼鳥)の〆の中華そば監修

彦根の江陽軒はなかなか行けないがそれ以外は食べた。

お店データ

つけそば屋 麺処えぐち

大阪府大阪市北区豊崎2-8-9(中津)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。