なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2016年1月25日の今日の一杯

埼玉県川越市

北上尾の人気店「中華そば よしかわ」の2号店が1/6オープン。最寄り駅は西武新宿線南大塚駅だが、駅から2.7kmと距離があるので、新所沢駅東口より川越行きのバスでむかう。県営今福団地というバス停で降りてすぐの場所。ロードサイドの大きめな建物だ。駐車場は充実。場所柄家族連れが多い。到着すると店外に10人強の行列が見えてくる。先に食券を購入し一番後ろに並ぶ。メニュー豊富で煮干そばの「黒醤油」と「白醤油」。唯一動物系をメインとした「中華そば」。「煮干つけそば」に「いわしそば」に「海鮮つけそば」、「海鮮丼」に「いわし丼」。どれを頼もうかと迷ったが「中華そば」と「いわしそば」の2品の食券を購入。

30分ほど経って入店。席に案内されるのかと思いきや‥中にびっくり。中にウェイティングスペースがあり、15人ほど待っているではないか!待っている途中「海鮮丼」終了のアナウンス別のメニューへの変更・返金作業が行われていた。カウンターは14席くらいだろうか。更に30分ほど待ち、並び始めて調度1時間ほどで席に付くことができた。席につくと以外に早く5分ほどで到着した。

まずは「中華そば」(780円)からいただく。丼ぶりいっぱい溢れんばかりになみなみと注がれた、黒々としたスープ。メニュー表によるとスープは鴨7、鶏2、煮干1の割合とのこと。鴨の風味、少しビターな濃い目の醤油。後味に甘み残る。中央に低温調理のビラビラチャーシューと豚チャーシュー。麺は自家製の中細麺、低加水寄りのもの。

つづいて「いわしそば」(390円)。麺の上に生のいわしの切り身とスライス玉ねぎがのったシンプルなルックス。麺はほのかに暖かさを保っている。麺の茹で加減は「中華そば」よりかためのパツンとした歯ごたえ。ニンニクと香味油でペペロンチーノのような味わいで美味しい。なにより脂ののったいわしが抜群に旨い。卓上のレモン酢、ホワイトペッパー味変。2杯あっという間にいただいた。

他メニューも気になる。アクセスは車がないとなかなか厳しい場所ではあるが、わざわざ訪れるだけの魅力がある。

お店データ

寿製麺よしかわ 川越店

埼玉県川越市今福1738-14

北上尾の「よしかわ」の2号店。鮮魚を中心とした中華そばを提供。日替わりの新鮮な魚を用いた海鮮丼なども人気。