なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2015年12月4日の今日の一杯

東京都目黒区目黒

目黒駅から権乃助坂を下り、ちょうど分岐点にあたる場所に12/3グランドオープン。横浜家系らーめん「家丸」@駒沢大学のセカンドブランドであるが提供メニューは異なる。ここはとにかく店が入れ変わる鬼門の場所だ。前の店は開店から1ヶ月も経たずに閉店してしまった。(とは言っても経営は同じかもしれない)
今回のお店は注目である。なんといっても元「楽々」店主・磯部氏のプロデュースである。今をときめく「しば田」(仙川)や「いなり」(三鷹)を育て上げた店主ということになる。煮干ラーメンと台湾まぜそばが売りの店で、どちらも磯部氏の自信作とのことでブログでは自分のお店として出したいくらい。と言っているほど。
綺麗な店内はくつろぎやすく、店員さんの初々しい溌剌さにも非常に好感がもてる。
名古屋の「麺屋はなび」発祥から一気に火がつき、東京でも人気店が増えてきた台湾まぜそばを食べようと思ったが残念ながら訪問時はまだプレオープンらしくやってなかった。現在の提供メニューは「淡麗煮干らーめん」(680円) 「濃厚煮干らーめん」(780円)の2種類だった。
今回は「淡麗煮干らーめん」(680円) を注文。白醤油に魚介系スープが香り立ち、
食欲をそそる。店内の案内より確認したところカタクチ、ヒラゴ、アジ、サンマ、タイなどの良質の煮干しを全国から取り揃え、独自のブレンドで構築されているとのこと。透明感のあるスープだが、あっさりしつつも煮干のエッジが効いていてドライで、まさに淡麗。麺は三河屋製麺の細麺全粒粉を用いており、風味が良い。
低温調理のロース肩肉チャーシューも、歯ごたえがありジューシーな味わい。
グランドオープン後はつけ麺も提供するようだ。他のメニューの力量も試したくなった。

お店データ

麺屋 一寸星

東京都目黒区目黒1-4-15(目黒)

音麺酒家楽々などの磯部氏プロデュース。「淡麗煮干らーめん」は、全国各地から厳然した煮干に白醤油ベースのタレをあわせたあっさり煮干し。「濃厚煮干らーめん」は濃厚白湯スープに淡麗煮干しスープをブレンド。「台湾まぜそば」もラインナップ。麺は三河屋製麺のものを使用。