なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

15:35頃訪問。この時間なので他客はちらほら程度。店内は適度なスペースを有しており、厨房を囲むカウンター席が設けられている。それなりの年季が感じられるが、不潔感は無く居心地の良い空間だ。男性2名による切り盛りで、接客は今一つ。

本メニューを選択。少し待って配膳された。

スープは、表層に焦げ茶色の香味油が浮遊し、その下は白濁している。粘度は感じられない。
飲んでみると、鰹を主体とする魚介系の旨みが前面で力強く主張。表層の香味油によるもののようだ。酸味と共に魚粉感が強く感じられ、上質感には欠けるが、結果的にこれが非常に良いアクセントとなり、力強さをもたらしている。結構自分好み。
ベースの動物系の出汁感に、強い押し出しは感じられない。この点に於いて、一般的な豚魚系とは大きく異なる。特に薄っぺらいと感じる事は無かったが、上述の魚介系の主張が無いと、結構ボンヤリとした味わいになってしまいそうだ。
カエシの立ち方は適度。トガりは抑えられているものの、レンゲが進むだけのキレとヒキはしっかりと確保されている。
また、熱々で供され、最後までそれが保たれるのは個人的に高ポイント。最後、結構グビグビと飲んでしまった。

麺は、縮れを帯びた中細麺。
食べてみると、割と固めの茹で加減で、しっかりとしたコシと歯応えを有している。ツルツル&シコシコ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。特別に優れた点は見受けられないが、この一杯に於いて、十分に役割を果たしていると思う。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめ。おやつには丁度良かったが、メシとして食う場合、ランチタイム(~17:00)サービスの大盛を頼むべきだろう。

チャーシューは、薄いものが1枚。柔らかく、オーソドックスな味付けで悪くは無い。
味玉は、塩味がやや強めに付けられており、中々美味。
メンマは柔らかく、クニクニ&サクサク食感。上質感は無いが、嫌みの無い薄めの味付けで良い箸休め。
やや多めに盛られる刻み葱は、風味、食感の両面に於いて非常に良いアクセント。
他に、海苔1枚。

個々の要素を見ると大した事は無いし、上質感にも欠けるが、個人的嗜好にはマッチしており十分に楽しめた。これを目的として「わざわざ」食べに来る程では無いが、地元の人の日常使用には十分な一店だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。