なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「佐蔵味噌つけめん・大盛り」@麺匠 佐蔵の写真北アルプス登山を終え、白骨温泉で5日分の汗をさっぱりと洗い流した後に訪れた。
こちらは自分が長野市を離れた後にオープンした味噌ラーの専門店。
11時半の開店時間に15分遅れで到着したら既に満席で、指示に従い店外で待っていると15分ほどでカウンター席に案内された。

朝食から8時間経っている上、その間、15㎏ほどの荷物を背負って林道を3時間歩いたのでお腹は空っぽ。
このため、麺をたっぷり食べられるつけ麺(780円)のボタンをポチッと、また、麺量の確認もしないまま+150円の大盛券も購入した。

席に着くと10分ほどで配膳。
麺の多さにびびったものの、何とかなるだろうと考えて食べ始めた。

麺は緩いウェーブが付いてエッジがはっきりとした太麺。
1本をそのまま食べてみると、弱めながら小麦の風味と甘味が感じられる美味しい麺。
麺肌はツルンとしており、水道水でしっかりと締めてあるのでかなりの噛み応えがある。
コシがあってシコシコというよりも、最後の最後まで噛み応えがずーっと続くような強い食感だ。

つけダレは、芳醇な味噌の風味が極めて豊か。
信州味噌の原点と言われる佐久市産の安養寺味噌を使っているそうで、東信地域のラーメン店では各店が「安養寺らーめん」としてそれぞれの個性を生かした味噌ラーメンを提供しているが、中信地域の松本市ではかなり珍しいのではないだろうか。
ベースは濃厚トンコツのようで、その旨味が下支えとなって味噌が活きているような気がする。
酸味はなく、甘味もほのか程度な一方、辛味はピリ辛とは言えないもののやや強めに仕上げてある。

具材は茹でモヤシ、サイコロチャーシュー、挽肉、穂先メンマ、コーンで、薬味は木口切りの細ネギ。
チャーシューはバラ肉で比較的軟らかく、旨味もしっかりと残っていて美味。
穂先メンマは軟らかいものの、味の方は味噌に邪魔されて分からなかった。
濃厚なつけダレにはたっぷりのモヤシがよく合っている。

ゆっくりだったが何の問題もなく麺と具材を食べ終え、女性店員さんにスープ割りが出来るか尋ねると、つけダレ丼を持って厨房に下がった。
しばらくして、バイトのお嬢さんがスープで割って薬味のネギを散らしたつけダレを運んできた。
口を付けると、薄めだったもののまさしく味噌ラーメンのスープ。
グビッと飲み切った。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんにちは。
麺の量が凄いですね。
味噌のつけ麺は経験がないので探してみます。

イケちゃん(気まぐれ | 2016年8月7日 14:42

こんにちは。

8時間も食事してなかたら大盛行っちゃいますよね(^^)
長野のラーメンもレベル高いですねー!

酒乱 | 2016年8月7日 15:20

>いけちゃん♡さん

大盛にしたのでたぶん350gから400gはあったような気がします。
長野は信州味噌で知られた地なので、味噌つけ麺を提供するお店はそれなりにあります。

おやす | 2016年8月7日 16:35

>酒乱さん

山行中だったので、この日は午前3時半起床、4時に朝食、その後テントを撤収して5時出発という行程でした。
途中、ソフトクッキーやグミ、キャンディーなどをエネルギー源として食べていましたが、そんなものでは空腹は満たせません(笑)

長野県は、首都圏の影響を強く受けつつ地産地消を推進しているため、ラーメンでもバラエティーが豊かです。

おやす | 2016年8月7日 16:39

こんばんは。
味噌のつけ麺はあまり経験ないんで試してみたいですね~
ところで、私は沢登りが好きで若い頃は夏休みに良く飯豊や朝日の沢に入ってました。

kamepi- | 2016年8月7日 21:19

>kamepi-さん

信州味噌の地らしく味噌ラー専門店ですから。
東北にはないでしょうね。

今回は天候不順のため、涸沢をベースとして奥穂と北穂それぞれにピストンで登ってきました。

おやす | 2016年8月7日 22:19

このお店は長野のアップルラインにも支店がありますよ。
安養寺味噌なんですよね。
私は長野店でしか食べたことがないのですが、メニュー選択を誤って撃沈しました。
つけ麺は美味そうですね!

mona2(多忙短レビュ) | 2016年8月14日 16:32

>mona2さん

長野店があるのは知りませんでした。
ただ、今年の3月に長野駅前の「鍾馗」跡に移転したようですね。

過去レビュー拝見しました。
味噌ラー専門店で醤油を頼んだり、芳醇な安養寺味噌の風味を辛味でマスキングしたりと相変わらずですね(-_-)

おやす | 2016年8月14日 17:18