なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
96

「らーめん+味付玉子」@燈の車の写真060603夜
店に着いた時には、7人の行列。その後、私たちのすぐ後ろにはファミリーや団体客など十数人が並び、人気の凄さがわかった。
この店はずっと前から行きたいと思っていた店だったのだが、この度ようやく足を運ぶことが出来た。
20分ほど待ったかな、満面笑みの女性店員に「お待たせしました」と席に促される。L字カウンターだけの狭い店内には、ピリッと緊張感が走っていた。それは店主と噂の美人奥さんが、魂込めてラーメンを作っているからだ。それを客たちは息を呑み見守っている。そのやり取りが独特の緊張感を生んでいるのだろう。
麺を担当しているのは奥さん。麺は入念にほぐされ、量を計る。丼は麺茹でと同時に暖められ、湯切りもしっかり。その一連の動きに澱みがない。ちょっとした作業を見るだけでも、真剣に向き合っていることがわかる。
ご主人はスープの番人。麺茹でのタイミングにあわせ、鍋で暖め直すのだが、愛情込めて作ったスープを大事そうに、丼に移す。これらの作業を見ただけでも、かなりの期待だ。
やがてらーめんが運ばれる。スープを一口。魚介の旨味が尖ることなく動物系とのコラボが見事。Wスープの完成形がここにあった。
因みにスープは鶏と豚が7対3の割合で使った動物系のスープとアゴ、小アジ、イワシの煮干しから取った魚介系のスープをブレンドするWスープ方式らしい。そして無化調なので羅臼昆布や真昆布を大量に使って旨味を出しているという。
麺は中太のやや縮れた卵入りのものか。この食感が素晴らしく良い。歯ごたえがたまらない。
そして具だが、穂先メンマも良いけど、何ていっても炙りチャーシューは、風味が良く、今まで食べたチャーシューの中で、一番かもしれない。久しぶりに限りなく完璧に近いラーメンだ。
帰り際、奥さんに「とっても、美味しかったです!」と言ったら、涙を流しそうなぐらい喜んでくれた。私が理想とする店のひとつになった。
本当にいい店だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。