なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「南蛮せいろ(980円)」@銀座 いし井 五反田店の写真某研修の帰りに寄りました。

こちらは銀座にお店があるときから好きではあったんですが、いつの間にか銀座から姿を消し、実質2号店であるこちらが本店と言う形になってしまっている状態なんですよね。

銀座にお店があった時には当時人気メニューであったためにすぐに売り切れて食べられなかった掲題のメニューに。

お店は白木で出来たキレイな客席、メタリックな厨房など設備は申し分なし。

チケットをオネエサンに渡すと他にも空いている席があるのに一番入り口に近い場所に案内される。

しばらくRDBでこのお店の情報を確認。

さらに待つとモノが登場しました。

まずはつけダレから。

つけダレが温いっていうかそれを通り越して常温。

でも、夏だからこういう提供なのかなぁ、なんて思いながらそのまま美味しく頂きましたけど。

つけダレはカレーの風味よく、また味も山椒のビリビリ来る痺れや辛みが効いている。

また赤唐辛子系のダイレクトな辛みもあり、なかなか良いカレー粉の配合ですね。

その他の要素である甘味はほとんど感じず、酸味がほんのりとした硬派な和風カレーと言った感じ。

スープは比内地鶏と節系のWスープとの事であるが、前述のとおりカレー風味が実によく効いており、元スープのダシ感は感じにくい。

また、セットとして一緒に渡された特製の七味を投入すると辛みと痺れがさらに増し、また鮮度のある香辛料の香りがプラスされてこれもまた良いですね。

続いて麺。

三河屋製麺。加水率高い中太ストレート麺。

色味が白っぽいので小麦の甘い部分に近い部分だけを使用したモノかもしれないですね。

日本酒で言えば獺祭、蕎麦で言えば更科のような。

茹で加減は良く、またしっかりと〆られていたが、水切りが甘かったね。

具材。

つけダレの中に薄切りのチャーシュー、メンマ、ねぎ。麺の上に味玉、海苔。

チャーシューは薄切りのものを短冊状にカットしたもの。食べているうちに粉々になりいつの間にか麺と絡まって食べていたらしい。




固形物を食べ終え、つけダレの辛みが限界に近付いたこともありスープ割を頼んだが、ここでこのお店で初めて熱いという感覚を得た。

そこで初めて常温のつけダレは狙いではなかったと気付くわけだが。

まあ、それでも美味しく頂けたから良いんだけど。

まさか、温いを通り超えて常温での提供ってあるもんかねェ。

常温での提供-5




【蛇足】
ブーメラン方式で戻ってきたスープ割を頂きながらつけダレを手渡された時の従業員の挙動不審ぶりがフラッシュバックされてきて、怒りがこみあげてきて・・。

店員さんは3人。2人はTシャツ姿。つけダレを作ったのが一人だけ白衣を着たおそらく時間責任者だろうSと言う人物。

時間責任者がこういう仕事をしているんだからね。(提供前に観察していた動きからすると店長ではないと思うが店長だったら尚更お粗末)。

彼がどれくらいのキャリアかわからないけど、こういう体質が改善されないのなら銀座に続いて五反田ののお店も無くなると思うが。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。