なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「蟹塩そば(750円)」@麺屋 裕の写真1/20(土)11:00 開店時6人待ち 

蟹の風味を織り重ねたような繊細なスープで、動物系の下支えは控えめ。その分、意外にオイリーなのはちょっとアンバランス。また、無化調らしく全体として線の細さが出ている。塩気はほどほどに主張しているが、角は立たず。甲殻類らしい癖が強くないのは広く受け入れられそう。最後スープを飲み干すと丼に粉がたくさん残るが、これは蟹の破片?

中細平麺は小麦の風味が強く、もちっとした歯応え。

具は、刻み葱。糸唐辛子。刻んだ柚子皮。炙った筍が3本。これは柔らかく、下味がしっかりついたものでおいしかった。中薄・中サイズの豚が2枚と鶏が1枚。前者は、脂身の少ない部位でしっとりとして、味がよく浸みおいしかった。鶏は白っぽくサクサクした食感のもの。あと、白く弾力のある小片が2切れあり、これは蟹の身かな、よく分からなかったがおいしかった。

蟹出汁を軸に据えた他では余り見ない清湯寄りなスープで、蟹風味は出ていてそれなりに楽しめた一杯だった。ちなみに最寄駅は東野だが、山科から歩いても15分ほど。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

なまえさん

こんにちは!
蟹出汁とは豪華で具材も綺麗な一杯ですね〜
画像を拝見すればなるほど結構オイリーなんですね。

まだおおお | 2018年1月20日 15:55

まだおおおさん、こんにちは!

見た目結構いい感じなんですけどねぇ。こちらもハードルを上げすきたのか、
たまたまなのか、地力は感じさせるのですが、全体のまとまりがあと一歩という感じでした。

蟹風味自体は出ていたので、楽しめました。

なまえ | 2018年1月20日 16:39