なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「イズムのらーめん・塩(850円)」@麺堂イズムの写真栃木に行く機会があり、此方に伺いました。

ニューオープンながらこちらは既に人気店になっているんだとか。

有名な修行先に行った事は無いですが、おそらくなんらかのエッセンスは引き継いでいるだろうと思うので楽しみです。

19時くらいに訪問。先客2名。

店員さんは2名。

こちらはグループだった為、テーブル席に案内される。

チケットを店員さんに渡し、待っている間にラミネートされたウンチクなどを写真に収めました。

しばらくするとモノが登場です。

まずはスープから。

スープ表面には限りなく控えめな鶏油の層。

色味も限りなく透明で微かに濁っているかな。

味のベースはホンビノス貝と鶏を合わせたものですね。

初動にホンビノスのコハク酸の旨みが主張して、そのまま鶏の旨みを感じるという流れ。

ただ、鶏のダシ感はあまり主張せずサポート程度。

その為ダシの余韻がサッと退く感じ。

塩梅は円やかに効かせ、ホンビノスの旨みを前面に押し出した味の構成。

栃木の海なし県でホンビノスだから意味があるんでしょうね。

オイラが住んでいる周辺では珍しくないですがね。

続いて麺。

麺は磯屋商店製の中細ストレート。

茹で上がりは極めて普通。

コシで食べさせるというよりはザクっとした歯切れの良さと食感で食べさせるタイプの麺。

具材。

チャーシュー2種、ホンビノス、メンマ、三つ葉、玉ねぎ。

豚のチャーシューは低温調理されたもの。

鶏のチャーシューは胸肉。こちらもしっとりと仕上がっており、厚みもあり美味い。

ホンビノスはダシを取った後のダシ殻ですね。旨みが残っていなかった。

メンマは甘めのダシで煮込んであるよう。

食感ザクザクで美味かった。

玉ねぎは素材が良かったのか、辛味も感じずフルーティ。

細かめの微塵切りにしたため、スープの熱で甘味を引き出せていて良かったですね。



まだ食べた事のない有名店の出身だからといって、期待しすぎたのかな。

確かに美味かったんだけど、この手のスープなら都内にはたくさんあるねェ。

しかも、そこそこ強気な値段設定。

今後、わざわざ栃木に行ってまで食べるかと言われれば・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。