なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「上板スワロー¥800」@らあめん こそっとの写真2018.10.09(火)20:00

上板スワロー¥800

券売機では「売り切れ」……という事で、「インドの目覚め」をポチッとな。
でマスターにticketを渡すと「ひょっとしてスワローですか?」「はい。」「1食なら出来ますよ。麺があと1玉しかなくて……」「ぜひ宜しくです。」

なんと言う僥倖by藤井七段

スワローと言えば、十条のRが有名だが、ここも煮干メインの背脂燕系。が、十条とは全くベクトルが違う。
なんといったらいいんだろうな。不思議なスープ。初めに煮干の苦味を感じだが、すぐに苦味が薄れていき、豚の出汁が頭をもたげてくる。平均台でムーンサルトをやるような危なげなバランスを、しかし、落ちずに保っている。今までのどの煮干スープとも違う、異次元スープ。
麺は、かなり力強く、ムッチムチの多加水平ストレート麺。スワロー専用の麺とのことだが、この反発力は半端ない。
炙りバラチャーシューが3枚。刻みじゃないすりおろし玉ねぎがこりゃまた辛い。が、スープに溶かすと、見事に馴染んでスープを穏やかにする。醤油のカエシがさほど強くないのに卵黄とは。でも、卵黄とすりおろし玉ねぎがスープに溶けると、見事に煮干の苦味とエグミを中和させてしまう。

煮干はまだまだ可能性を秘めているのを教えてくれた一杯。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。