なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「らぁめん ¥750円(麺大盛サービスCP)」@新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂の写真2018/10/21

こちらの店舗、以前お邪魔した時は福島の「会津らーめん」を提供するお店だったが、知らぬうちに閉店されており今年の4月、居抜きでオープンされたお店は「新潟長岡らーめん」のお店とのこと。。
東北から上越にシフトした御当地系に人気のテナント。生姜系は個人的に好きなので仕事上がりに訪れてみた
訪問は日曜日の昼下がり、15時過ぎのアイドルタイムだったので先客は2名のみ
お店の中は白壁に木目調の床、テーブルや椅子もウッディ調の色合いで落ち着いた雰囲気
入店すると入り口右側にコンパクトな券売機が設置してあるので、先ずは食券を購入
左上に位置するのは生姜醤油の「らぁめん」 その下段のボタンは「塩」
こちらの店主殿、池袋の人気店『塩そば専門店 桑ばら』出身との情報なので、塩も非常に気になったが、初訪問なので基本メニューの「らぁめん」を頂くことにした
ホールを切り盛りする美女は・・奥様かな? 食券と某ラーメン雑誌のサービスCP券を渡し、麺の大盛をお願いしました
奥行きのある店内は、テーブル席をメインにし広々したスペース
お冷はテーブルの上に用意された汗かきヤカンよりセルフで注ぐスタイス
待つこと数分、熱々の丼が登場! 着丼時、赤色おたまの木レンゲが添えられてますが、記念撮影の為 丼外へ一時アウト
刻みネギと白胡麻が浮かぶ琥珀色のスープを先ずはひと口。。ZZZ。。
熱々のスープはゲンコツ、鶏ガラに生姜と鯖節を効かせ、薄口醤油のキレと清い生姜テイストが見事に融合。コク深いスープながら後味はさっぱりしている
具材は岩海苔・メンマ・ナルト・茹でたホウレン草・チャーシューは脂身多めでホロ柔。切れっ端の部位を含め4枚乗せられておりデフォルトにして上等なスペック
軽く縮れの入った中華麺風情の麺は多加水の中細麺。松本製麺所の謹製麺でやや柔めのボイル加減だが、最後まで程よいコシを保つクラシカルな食感。滑らかな喉越しで好みの麺でした
他メニューには「燕三条系煮干背脂らぁめん」「越後味噌らぁめん」等が限定で用意されており、上板橋にて新潟ご当地ラーメンが数種味わえるのが嬉しい♪ また機会を見つけて訪れてみたい

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

こんばんわ~

長岡生姜系は好きなんで気になっているお店です!
ココならバイクで行けるかな?
近いうちに追従したいと思ってます♪

バスの運転手 | 2018年11月19日 21:47