なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

11:30頃訪問。先客3名後客6名。店内は割と小ぢんまりとしており、L字型カウンターのみが設けられている。窮屈さは無く、キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男女各1名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、濁りを帯びた醤油清湯。表層をやや多めの鶏油が覆っている。
飲んでみると、基本的にアッサリとした味わいながらも、鶏のコクと旨みがしっかりと主張。十分な味の厚みがもたらされている。クセ、雑味の無い上質の出汁感に文句無し。
昆布、節系の出汁感も感得される。前面に出て来る事は無いが、味に奥行きを付与しており絶妙のバランス。
醤油ダレの立ち方は適度。トガりはキッチリと抑え込まれているものの、何ら不足の無いキレを生み出している。
途中から、中央に盛られる生姜千切りを混ぜてみると、実に良い味変に。タレに漬け込まれている為、突出し過ぎず、トータルのバランスを崩さないのも見事。最後まで飽きが来る事は無く、結局、ほぼ完飲してしまった。

麺は、軽いうねりを有する多加水の中麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。表面のツルツル感と、噛み切る際の適度なグニグニという抵抗感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。クオリティ的に特筆すべきものは感じられないが、この一杯に於けるマッチング性は良好。
量は普通位。自分には、これ一杯で程好い満腹度。

上述の生姜以外の具として、チャーシューは、巻きバラ肉が3枚盛られる。ホロホロに柔らかく仕上げられており、箸で摘まもうとすると解れてしまう程。オーソドックスにして適度な味付けも良く、非常に美味。
味玉は2つ割りで供される。黄身トロりの仕上がりで、味付けも適度。中々の旨さ。
メンマは、強めのサクサク食感が心地良い。クセの無い味付けで、良い箸休め。
他に、水菜、海苔3枚、刻み葱。

メニュー名通り、生姜が大きな役割を果たしているが、ベース部分がしっかりと作り込まれている上、全体のバランスも申し分無し。独特にして上質の一杯を大いに楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。